介護住宅

建具の変更

平塚市
介護保険住宅改修工事適用
建具の変更 浴室内開きドアから折れ戸に変更

建具の変更
介護が必要になったとき、浴室の内開きドアはどうしても使い勝手が悪くなります。
浴室内にシャワーチェアーを置くと、ドアの開閉に干渉する。
介助者が一緒に入ると、ドアの開閉に干渉する。
浴室内で転倒した場合、ドアを開閉し救助するのが困難。
など、不便な点はたくさん出てきます。

建具の変更

建具の変更

建具の変更
折れ戸にするだけで、使い勝手が断然よくなります。
万一、浴室内で転倒しても洗面所側から折れ戸をはず事も出来ます。
介助や介護には折れ戸や引き戸が理想ですね。

玄関アプローチ手摺

鎌倉市
介護保険住宅改修工事適用 玄関アプローチ手摺
鎌倉市受領委任払い
※弊社は鎌倉市受領委任払い登録業者の為、利用者様からは工事費の1割(又は2割)の自己負担分のみを受領し、残りを市から受領する制度です。

玄関アプローチ手摺

玄関アプローチ手摺

玄関アプローチ手摺

玄関アプローチ手摺
家の外観にも調和し、利用者様も安心して外出が出来るようになりました。

手摺奉納

平塚市四之宮に鎮座する前鳥神社へご奉仕に参加させて頂き20年が経ちます。
前鳥神社崇敬会会員となり、現在は青年委員長を御受けしております。
来年は御鎮座1650年を迎える為、神社境内では各所において改修工事が進められております。
小さなことではありますが、境内にある奨学神社の階段に手すりを材工共に奉納させていただきました。

手摺奉納 
境内にある奨学神社ですが、階段上がりで捉まるものがありませんでした。

手摺奉納 
両側に手摺を取り付けます。

手摺奉納 
小さなお子様もご高齢の方も安全にお参りが出来るように、皆様に使用して頂けましたら幸いです。

前鳥神社ホームページブログ

必要な場所に必要な手摺を。

平塚市

介護保険住宅改修適用工事 各所手摺の取付

利用者様は入院中ではありますが、本人はもとより、リハビリを担当するPTやケアマネージャー、ご家族で退院後の生活に支障が無いように各所に手摺を取り付けました。
「必要な場所に必要な手摺を」利用者様の自立支援及び介助するご家族の負担軽減になるよう十分な打ち合わせの元、手摺の取付詳細を決めました。
主だった箇所の手摺写真です。

2階へ上がる階段手摺は、既存の手摺以外に反対側にも新設しました。
階段手摺

2階廊下 寝室からトイレに行く動線
廊下コーナー手摺

玄関アプローチ手摺
玄関アプローチ手摺

他にもトイレの中やリビング、浴室に至るまで各所に手摺を取り付けました。
元気に退院されるのを待つばかりです。

トイレまでの動線 (手摺・段差解消・建具幅及び吊元変更)

伊勢原市 K様邸 トイレまでの動線
手摺の取付、トイレ段差解消、建具幅及び吊元の変更

トイレ段差解消
トイレの出入り口には段差のある敷居。そして、建具の幅は60センチ以下と狭い。
写真右側からの進行してくると、建具の開き勝手は左右逆の方が入りやすくなります。
進行してくる廊下には手摺を取り付けて一連の動作が容易になるよう改修提案致しました。

トイレ建具の変更
建具幅と吊元の変更、段差の解消工事前です。
トイレ建具の変更
建具の幅も広がり、開閉の吊元も左右逆にしました。
トイレ段差の解消
10センチ近くあった敷居の段差を解消し、バリアフリーにします。
トイレの段差解消
万が一車椅子での生活になっても対応可能です。
トイレの段差解消
中の設備品や内装は既存のままで、建具の交換と見切り材及び取合いを補修しただけです。
トイレ手摺
既存の便器にプッシュアップで立ち上がるための手摺を取り付けました。
トイレ手摺
手摺は跳ね上げ式になっているので立ち座りに便利です。
手摺の取付
廊下には収納があり、この前に手摺が必要です。そこで、着脱式の手摺を提案いたしました。
手摺の取付
左右どちらからでも着脱可能です。
手摺の取付
写真左側の建具がトイレの入り口になります。
手摺の取付
奥の食堂まで手摺で誘導です。

おまけ
ご家族のために階段にも手摺を取り付けました。
手摺の取付
手摺棒の色は、既存の床や造作材の色に合わせ「ダーク色」にコーディネート。
補強板は壁クロスのホワイト色に同化するようにダーク色を使わずホワイト色でコーディネート。

健常者にとっても利用価値の高い手摺。
私も何気に手摺に捉まっていることが多い今日この頃です。

私は若い、健康だ!と思っている皆様も転倒には十分気を付けましょう!