介護住宅

段差解消工事

平塚市 段差解消工事 式台 介護保険住宅改修工事適用

玄関框の高さを式台によって負担なく上がれるようにします。
段差解消 
式台はオーダーメイドで幅も奥行きも高さも自由に設定できます。
式台下にはアジャスター金物を取付し玄関ポーチタイルの勾配にも水平に対応できます。
また、踏み面は滑り止め加工がされており利用しやすい式台です。

建具の変更

平塚市 建具の変更工事 介護保険住宅改修工事適用

介護保険住宅改修工事で「建具の変更工事」は助成金の対象になっております。
建具の変更と言うと、
開きドアから折れ戸に交換り、開きドアから引き戸に交換する等が主となりますが、
既存の建具の吊元を変える。左右開き方が変わる。と言う工事も対象になるのです。

建具の変更 
現在の開き方は右側が吊元になっています。
利用者様の動線を考え左右反転させた方が自立につながると判断し、ケアマネージャー様及びご家族とも相談し吊元を変更することで合意致しました。

建具の変更 
現在の吊元を左右変更します。
建具の変更 
何の違和感もなく吊元を変更できます。
建具の変更 
いかがでしょうか。
施工後の状況です。
寝室から最短距離でトイレに入る事が出来るようにいたしました。

手摺の取付

平塚市 手摺の取付 介護保険住宅改修工事適用

トイレ内手摺の取付
トイレ手摺 
L型横手摺
トイレ手摺 
男性用便器正面の横手摺。
廊下手摺 
廊下からトイレの入り口及び洗面・浴室への入り口に連続させた手摺の事例
手摺の取付 
玄関框の手摺

トイレ手摺 

平塚市 トイレ手摺の取付 施工の工夫と提案
介護保険住宅改修工事 助成金利用

トイレ手摺 
杉板材で腰壁が造られているトイレです。
この壁にL型の手摺を取付けるのですが、腰壁部分と上のクロス壁部分では壁の厚みが違います。
トイレ手摺 
メジャーで見ると4センチ5ミリ程、腰壁が出っ張っているのが分かると思います。
このまま手摺を取付けることはできません。
上の部分を下の腰壁と同じ厚みにして取付けなければなりません。

トイレ手摺 
上の手摺金物取付部に補強板を重ね合わせ出っ張りを調整します。
万一、補強板の厚みだけでは調整できない場合、金物にスペーサーを入れミリ単位で調整します。
材料も、腰壁材にマッチするように補強板、手摺棒を選択しご提案いたしました。

トイレ手摺 
腰壁の厚みを利用して、横手摺を取付けました。
どうしてもペーパーホルダーに手をかけてしまうとの事で、横手摺の取付を工夫致しました。
ねじれた金物がオフセットブラケット(TOTO製品)と言われるものです。
この金物をうまく利用することで、利用者様にとって自立支援につながる手摺になりました。

手摺の取付 マンション

横須賀市 手摺の取付 マンション

手摺の取り付け高さは?何センチ?
一様に歩行時の高さは目安が80センチ程度とマニュアルには記載されています。
担当のケアマネジャー様、ご家族様、ご本人、そして私で打ち合わせさせて頂、ご提案したのは高さ102センチです。利用様の身長は180センチを超える事、そして、何より前傾になった瞬間よろめき転倒のリスクが大きくなる状況からの判断です。
全ては、利用者様の身体的状況から判断しなければならないと言う事だと思います。

手摺の取付 
一目見て高い位置に手摺が付いていると思うのではないでしょうか。
施工後の検証で利用者様は一度も転倒することなく安心して個の手摺を使っておられます。

他の部位も同様に一般的な高さより高い位置に取付を致しました。

手摺の取付 
トイレの横手摺は左右に取付。この手摺は移動及び移乗時に使用します。
座位保持にはレンタルの手摺。

手摺の取付 
普段くつろぐリクライニングの座椅子から立上り用の逆T字型手摺。
ここをポイントに廊下へ、トイレへ、そして洗面所、外出といった動線が結ばれます。

手摺の取付 
浴室、洗面脱衣所を縦手摺でつたって歩行します。
縦手摺の上端は160センチほどの位置に取付しています。

手摺の取付後転倒することが無く安心して移動できている。とのお言葉でほっとしております。

お役に立って何よりです。