介護住宅

玄関アプローチ階段手摺 特集

玄関アプローチ階段手摺の数々

最近玄関アプローチ階段手摺のご用命が多いのです。
階段など段差が有る場所は転倒のリスク高いのは当然ですね。
捉まる手摺があればそのリスクも軽減できます。

玄関アプローチ階段手摺 

玄関アプローチ階段手摺 

勝手口アプローチ階段手摺 

勝手口アプローチ階段手摺 

勝手口アプローチ階段手摺 

玄関アプローチ階段手摺 

玄関アプローチ階段手摺 

玄関アプローチ階段手摺 

勝手口アプローチ階段手摺 

それぞれの、ご用命ありがとうございました。

ベッドサイド水洗トイレ 

厚木市 ベッドサイド水洗トイレ (給排水屋外露出配管仕様)

TOTOのベッドサイド水洗トイレとは、「普段使われている水洗トイレがベッド横に置いてある」と、イメージしてください。
固定はされていませんので、2メートル程度は自由に動かせます。
介護を必要とする本人はもちろんのこと、介助者をするご家族にとっても助かる商品です。

ベッドサイド水洗トイレ 
このスペースにベッドサイド水洗トイレを設置します。
ベッドは手間へにあり、2歩3歩でトイレ利用が可能になります。

ベッドサイド水洗トイレ 
このような感じになります。
便器は置いてあるだけですので、一定距離範囲なら自由に動かせます。

ベッドサイド水洗トイレ 

ベッドサイド水洗トイレ 
壁を利用して手洗器と鏡を取付けました。
仕切り壁があれば、本当のトイレ空間です。

ベッドサイド水洗トイレ 
お客様のご意向で給水、排水管工事は屋外露出施工としました。
排水においては汚水桝への接続となる為、距離及び勾配を十分確認することが必要です。

ベッドサイド水洗トイレ 
汚水桝への接続が必要です。

ベッドサイド水洗トイレ 
開放された空間で身だしなみもどうぞ。

利用の仕方によって、非常に便利な「ベッドサイド水洗トイレ」
利用者様の自立支援、精神的不安の軽減。
また、ポータブルトイレのように排泄物の処理を必要としないため、介助者の負担軽減につながります。
神奈川県内にお住まいの方には「さがみロボット特区」の導入補助金が利用できます。

ご用命ありがとうございました。

玄関框、玄関アプローチ手摺

平塚市 玄関框、玄関アプローチ手摺
介護保険住宅改修工事適用

玄関框手摺 
玄関框用の福祉用具手摺。
これは、貸与商品の置き式タイプで固定はされていません。
玄関が狭かったり、将来的に身体状況が好転しその際は外して返却できるというメリットがあります。但し、毎月一定額の貸与費用を負担する必要があります。

お客様の玄関は広く、お住まいも高齢夫婦お二人と言う事もあって、固定で手摺を取付けたいとの希望がありました。数センチですが、造りの手摺になりますので寸法を自由にすることができます。

玄関框手摺 
完成です。規格商品ではないのでフリー寸法で希望に沿った作りが可能になります。
玄関框手摺 

玄関框手摺 
広い玄関なら固定でもいいねすね。
デメリットは、万一必要の無くなった時に外した場合、支柱下部にはビス穴傷が残ります。
玄関アプローチ手摺 
玄関引戸を挟んで、アプローチ階段にも手摺を取付けました。
ポストの出し入れも考えた動線にしてあります。
玄関アプローチ手摺 

玄関アプローチ手摺 
手摺に捉まりながら、郵便物も新聞も取り出しが出来ます。
もちろん、外出時の歩行にも。

ご用命ありがとうございました。

階段手摺

平塚市 階段手摺
介護保険住宅改修工事適用

廻り階段の手摺取付ですが、壁に中帯があり帯の厚みがある為に、手摺の出面寸法を合わせを配慮しました。
階段手摺 
白い帯が3センチから4センチ厚みが有ります。

階段手摺 

階段手摺 

階段手摺 
補強板の厚みのみで合わせず、金物にスペーサーを取りつけて、複合して出面を合わせました。

おまけ。
トイレの奥行きが狭い場合、正面に手摺を取付けると立上りが楽になります。
デメリットは、あまりにも狭い場合は、男性が立って小便するときは手摺がお尻にあたります。
ご注意ください。
トイレ手摺 

ご用命、ありがとうございました。

床材の変更工事

平塚市 介護保険ん住宅改修工事適用 床材の変更工事
畳からフローリングに変更

茶の間で使っていた4畳半の和室をご利用者様の寝室に替え介護ベッドを置く。
この部屋を寝室にすることにより、水廻りや玄関への動線が短くなる。

床材の変更工事 
畳をフローリングに変更して、正面の掃出し木製窓を腰窓に変更します。

床材の変更工事 
これは、介護ベッドの幅約1メートルを設置すると窓にかかってしまいます。
開閉も不便になる為、窓の大きさを変える提案をさせて頂きました。

床材の変更工事 
入口の硝子戸も交換して敷居撤去することで床をバリアフリーで仕上げます。

内壁や天井等介護に不必要な個所は現状のままにします。
これはコストダウンで割り切りましょう。

床材の変更工事 
これで介護ベッドも置きやすく、且つ歩行器での歩行も楽になります。

床材の変更工事 
正面の掃出し木製窓は腰窓に交換しました。
介護用ベッドを置いても落ち着きます。

床材の変更工事 
腰窓に替える前の外からの状況。
これを

床材の変更工事 
こんな感じで納めました。

床材の変更工事 
入口の建具も交換し、壁にはテレビ掛けの金具を取り付けて床に置かないようにしました。
4畳半ですからベッド廻りには必要な物以外は置かない工夫も大事です。

床材の変更工事 
敷居を撤去してバリアフリーにすることで、歩行器での移動は楽になります。

プラス 玄関框の手摺と踏み台も設置しました。
玄関框手摺と踏み台 

あとは、福祉用具の担当者様にベッド他必要な物をそろえて頂き、ご帰宅を待つばかりです。

ご用命、ありがとうございました。