Posts tagged "ベッドサイド水洗トイレ"

ベッドサイド水洗トイレ 

厚木市 ベッドサイド水洗トイレ (給排水屋外露出配管仕様)

TOTOのベッドサイド水洗トイレとは、「普段使われている水洗トイレがベッド横に置いてある」と、イメージしてください。
固定はされていませんので、2メートル程度は自由に動かせます。
介護を必要とする本人はもちろんのこと、介助者をするご家族にとっても助かる商品です。

ベッドサイド水洗トイレ 
このスペースにベッドサイド水洗トイレを設置します。
ベッドは手間へにあり、2歩3歩でトイレ利用が可能になります。

ベッドサイド水洗トイレ 
このような感じになります。
便器は置いてあるだけですので、一定距離範囲なら自由に動かせます。

ベッドサイド水洗トイレ 

ベッドサイド水洗トイレ 
壁を利用して手洗器と鏡を取付けました。
仕切り壁があれば、本当のトイレ空間です。

ベッドサイド水洗トイレ 
お客様のご意向で給水、排水管工事は屋外露出施工としました。
排水においては汚水桝への接続となる為、距離及び勾配を十分確認することが必要です。

ベッドサイド水洗トイレ 
汚水桝への接続が必要です。

ベッドサイド水洗トイレ 
開放された空間で身だしなみもどうぞ。

利用の仕方によって、非常に便利な「ベッドサイド水洗トイレ」
利用者様の自立支援、精神的不安の軽減。
また、ポータブルトイレのように排泄物の処理を必要としないため、介助者の負担軽減につながります。
神奈川県内にお住まいの方には「さがみロボット特区」の導入補助金が利用できます。

ご用命ありがとうございました。

ベッドサイド水洗トイレ

ベッドサイド水洗トイレ TOTO製品
平塚市
神奈川県さがみロボット特区の生活支援ロボットとして、平成30年度は導入支援補助金が受けられました。(現在申し込み受け付けはされていません。)
また、介護保険の福祉用具購入補助金の対象商品二もなっています。
ロボット導入支援補助金と介護保険福祉用具購入補助金の併用はできません。

TOTO製品である「ベッドサイド水洗トイレ」をご存知でしょうか。
弊社では多くの実績がある施工例です。

ポータブルトイレの水洗はありますが、いずれも排泄物の処理に介助者が苦労されます。
その点、「ベッドサイド水洗トイレはその名の通り固定していない水洗トイレなのです。
排泄物を粉砕し圧送して排水管から流れていく。当然給水設備も、電気も配線工事も行いますので、一般の水洗トイレと何ら変わることなく使用できるのです。

ポータブルトイレを使用している利用者様、ご家族様は是非参考にしてください。

ベッドサイド水洗トイレ 
一般的に使われているポータブルトイレです。
このポータブルトイレの代わりに「ベッドサイド水洗トイレ」を設置致します。

ベッドサイド水洗トイレ 
排水管を床下よりつなぐ施工を致します。
隣接した和室の床下点検口から排水管を入れ、ベッドサイド水洗トイレを置く近くにふかし壁を造作で作り、そこに排水管、給水管等をつなぎます。
ベッドサイド水洗トイレ 
排水管の端末は、既存トイレの排水管に接続させ、汚水桝へと流れていくようにいたします。
ベッドサイド水洗トイレ 
給水は、近くに備えてあった給湯器経路から分岐で室内に送り込みます。
ベッドサイド水洗トイレ 
電気配線も屋外防水コンセントより分岐して室内に送り込みます。
ベッドサイド水洗トイレ
このボックスが、造作施工するふかし壁となります。
ふかし壁の中に、排水管、給水管の接続がされております。
当然水洗トイレなので、便座の暖房や洗浄機能を使うためにコンセントも近くに設置します。
ベッドサイド水洗トイレ 
完成です。
給排水ホースは2メートルありますので、その範囲内であれば簡単にトイレを移動できます。
ベッドサイド水洗トイレ 
このポータブルトイレが
ベッドサイド水洗トイレ 
このように水洗トイレになるのです。

これで介助者様のご苦労も減り、また、臭いななどの問題も解消できました。

ご用命ありがとうございました。

ベッドサイド水洗トイレと和室改修

伊勢原市 ベッドサイド水洗トイレと和室改修工事

お母様の介護のため和室を全面改修する工事をお請けいたしました。
1.和室を洋室にする全面改修
2.ベッドサイド水洗トイレの設置
和室から洋室に変更

和室から洋室に変更
床、壁、天井含め、全てを洋室に改修します。
和室から洋室に変更
床の間にあった床柱を撤去した為、上には補強梁を入れました。
和室から洋室に変更
床も天井も剥がし、下地から組み直します。
ベッドサイド水洗トイレを設置する予定場所には、あらかじめ給水・排水の切り回し工事を行っております。
和室から洋室に変更
床には断熱材を入れフローリング仕上に。
壁・天井は石膏ボード下地にクロス仕上げになります。
床の間や押し入れだったスペースには、新たに空間を広げたっぷりの収納を設けます。
出来るだけ「木の雰囲気」が味わえる仕上げに。

 

和室から洋室に変更
フローリング仕上に、腰壁は無垢のパイン材。
ベッドサイド水洗トイレも設置致しました。
和室から洋室に変更
少々暗いイメージがあった和室ですが、明るく広々とした空間の洋間に生まれ変わりました。

介護保険住宅改修工事 滑りにくい床材の変更(畳からフローリングへ)
上限20万円適用
ベッドサイド水洗トイレ
ベッドサイド水洗トイレ
ベッドサイド水洗トイレはTOTOの画期的な介護ロボット。
弊社では、既に何台も設置しておりますが、利用者様、ご家族様からは高い評価を頂いております。
ベッドサイド水洗トイレの横には、介護用ベッドを置き、その周りには必要なテーブルなども十分配置できるスペースがあります。また、必要に応じて介助するご家族様がご一緒に就寝されることも十分可能です。

ベッドサイド水洗トイレは、給水排水工事もされていますので、普通の水洗トイレがベッドの横に置かれていると思ってください。しかも、接続ホースが2メートルの範囲で動きますので、トイレは移動可能です。
従来のポータブルトイレのように排泄物の片付けなどの作業は一切必要ありません。

介護保険福祉用具の購入 助成金上限10万円の適用があります。

和室から洋室に変更
収納は壁面いっぱいに造りました。
和室から洋室に変更
和室から洋室に変更
和室から洋室に変更
介護するときには、どうしても必要な物品が増えます。
部屋の中に十分な収納が備えてあれば不自由はありません。

和室から洋室に変更
天井に設置したのは、LEDのシーリングファン。
シーリングファンは冷暖房の効率を高めるエコ機能商品です。

利用者様にとって快適な自分空間が出来上がりました。
ご家族に感謝。
そして益々の自立を目指してください。

工事のご依頼ありがとうございました。

ベッドサイド水洗トイレと和室改修

伊勢原市 ベッドサイド水洗トイレと和室改修工事

お母様の介護のため和室を全面改修する工事をお請けいたしました。
1.和室を洋室にする全面改修
2.ベッドサイド水洗トイレの設置

和室から洋室に変更

和室から洋室に変更
床、壁、天井含め、全てを洋室に改修します。
和室から洋室に変更
床の間にあった床柱を撤去した為、上には補強梁を入れました。
和室から洋室に変更
床も天井も剥がし、下地から組み直します。
ベッドサイド水洗トイレを設置する予定場所には、あらかじめ給水・排水の切り回し工事を行っております。
和室から洋室に変更
床には断熱材を入れフローリング仕上に。
壁・天井は石膏ボード下地にクロス仕上げになります。
床の間や押し入れだったスペースには、新たに空間を広げたっぷりの収納を設けます。
出来るだけ「木の雰囲気」が味わえる仕上げに。

和室から洋室に変更
フローリング仕上に、腰壁は無垢のパイン材。
ベッドサイド水洗トイレも設置致しました。
和室から洋室に変更
少々暗いイメージがあった和室ですが、明るく広々とした空間の洋間に生まれ変わりました。

介護保険住宅改修工事 滑りにくい床材の変更(畳からフローリングへ)
上限20万円適用
ベッドサイド水洗トイレ
ベッドサイド水洗トイレ
ベッドサイド水洗トイレはTOTOの画期的な介護ロボット。
弊社では、既に何台も設置しておりますが、利用者様、ご家族様からは高い評価を頂いております。
ベッドサイド水洗トイレの横には、介護用ベッドを置き、その周りには必要なテーブルなども十分配置できるスペースがあります。また、必要に応じて介助するご家族様がご一緒に就寝されることも十分可能です。 

ベッドサイド水洗トイレは、給水排水工事もされていますので、普通の水洗トイレがベッドの横に置かれていると思ってください。しかも、接続ホースが2メートルの範囲で動きますので、トイレは移動可能です。
従来のポータブルトイレのように排泄物の片付けなどの作業は一切必要ありません。

介護保険福祉用具の購入 助成金上限10万円の適用があります。

和室から洋室に変更
収納は壁面いっぱいに造りました。
和室から洋室に変更
和室から洋室に変更
和室から洋室に変更
介護するときには、どうしても必要な物品が増えます。
部屋の中に十分な収納が備えてあれば不自由はありません。

和室から洋室に変更
天井に設置したのは、LEDのシーリングファン。
シーリングファンは冷暖房の効率を高めるエコ機能商品です。

利用者様にとって快適な自分空間が出来上がりました。
ご家族に感謝。
そして益々の自立を目指してください。

工事のご依頼ありがとうございました。

ベッドサイド水洗トイレ

横浜市 Y様邸 ベッドサイド水洗トイレ

介護保険の福祉用具購入の対象商品となった、TOTOのベッドサイド水洗トイレを取り付けました。
弊社では、TOTO様が商品開発され市場に発表さてから直ぐに顧客に導入いたしました。
当時は、介護保険の福祉用具購入対象品ではありませんでしたので全額自費で導入して頂きましたが、ご利用いただいているお客様からは非常に良い評判をいただいております。

Y様では、元和室を寝室にしており、介護用ベッドを使用しております。
ベッド横の障子を開けると広縁があり、この広縁を利用してベッドサイド水洗トイレを設置致しました。
ベッドサイド水洗トイレ
広縁奥の物入れを解体し、ベッドサイド水洗トイレを設置します。
正面は間口2,7メートルの掃き出しサッシがありますが、90センチの壁を設け、サッシは間口1,8メートルの物に交換いたしました。
ベッドサイド水洗トイレ
障子をあければ、ベッドの直ぐ横にトイレが配置されるようにしてあります。
ベッドサイド水洗トイレ
手洗いにこだわる利用者様のご要望をかなえるため、壁面を作り半埋め込みタイプの手洗いを取り付けました。
ベッドサイド水洗トイレ
手洗いの水栓はオートタイプです。
ベッドサイド水洗トイレ
扉はあえて設けていません。オープンスタイルです。
あくまでもプライベートゾーンと割り切り、余計な障害物を取り除きました。
一見固定式の便器に見えますが、便器裏側には2メートルほどのホースがあり、その範囲内であれば自由に動かすことが可能です。しかも、通常の水洗トイレと同様なので、ポータブルトイレのように介助者が排泄物の処理や清掃など行う必要がありません。
ベッドサイド水洗トイレ
リビングから引き戸を開けると、バリアフリーで自分のプライベートゾーンへ移動出来るようにしました。
完成後、幾度と無く使用して頂き、Y様は非常にこのベッドサイドトイレを気に言ってくれたようでとても喜んでおられました。