平塚市 I 様邸 ベランダ改修工事

お客様から相談があったのは、「ベランダの外壁(サイディング材)が浮き上がり、雨水浸入しているようなので見てほしい」との依頼でした。現地の状況を確認するとサイディング業者が一度補修に来ている様子でしたが、釘がきかずコーキングだけで維持しているような状況でした。
ベランダ改修工事ベランダ改修工事
ベランダ改修工事
ベランダは、住宅の構造体一体で造られたもの。
浮きの状況や釘の入りを見る限り、雨水浸入の可能性は十分有ると判断いたしました。
また、ベランダ笠木の施工収まりについても不安点が幾つか見受けられました。
間違いなく雨水が壁体内に廻っていると判断。
改修方法としてコスト面も含め、幾つか提案させて頂いた。
最終的には既存のベランダを撤去し、新たにアルミ製品のベランダに作り直す事になりました。

ベランダ改修工事
ベランダの外壁サイディングを剥がし、構造材を解体していきます。
案の定、構造体の中に雨水浸入し木材やベニヤは黒く腐食していました。
ベランダ改修工事
ベランダ改修工事
ベランダ改修工事
ベランダの構造材や合板は部分的にかなり腐食しておりましたが、母屋への影響は無く安心致しました。
ベランダ改修工事
ベランダ改修工事
ベランダの構造材を撤去したあと、アルミベランダへと取り替えていきます。
ベランダ改修工事
ベランダの構造を組む跳ねだ出しの金物を取付、剥がした外壁部分に類似柄のサイディング材を貼ります。
ベランダ改修工事
ベランダ改修工事
アルミベランダの床材を組んで行きます。
ベランダ改修工事
前面は横貼りルーバータイプのデザインを選択しました。
ベランダ改修工事
ベランダ改修工事
ベランダ改修工事
完成しました。床材は丈夫床の選択。
商品は、L I X I L ビューステージSスタイル ジョーブ床 横格子ルーバーです。

もう、雨水浸入の心配はいりません。