Posts tagged "外構・エクステリア"

軒天化粧とウッドデッキ塗装

とある町の吉野家で働くSさんの対応
いつ行っても、その接客姿勢に感動する。   ひさみつ

藤沢市 軒天化粧とウッドデッキ塗装

ホームページからお問い合わせいただいたお客様。
軒天に熱処理木材「スーパーサーモ」を貼り化粧させ、軒天下に広がるウッドデッキを塗装する。

リビングから見える庭に広がるウッドデッキ。
年数と共に色あせてくる。
そんなタイミングで、庭から見える軒先もウッドの味わいで化粧させたい。とのご要望でした。

軒天化粧
軒下にはウッドデッキ
ウッドデッキ塗装
軒天の化粧と共に、色あせてしまったウッドデッキを蘇らせます。

軒天化粧
まずは軒天の化粧から。
きっとイメージは変わります。
軒天化粧
いかがですか。
ウッドの味わいを感じる軒天。
リビングから望む景色が変わります。
軒天化粧

軒天化粧

軒天化粧

軒天化粧
かなりイメージが変わりますよね。
軒天の下に広がるウッドデッキを塗装します。
ウッドデッキ塗装
塗装前のウッドデッキ。
ウッドデッキ塗装
塗装後のウッドデッキ。
ウッドデッキ塗装

ウッドデッキ塗装

ウッドデッキ塗装
玄関アプローチのウッドも塗装します。
ウッドデッキ塗装

ウッドデッキ塗装
外構のウッドも同様、塗装します。
ウッドデッキ塗装
軒天ウッドの色に合わせて、デッキも塗装しました。
リビングから庭を眺める景色が大きく変わり、お客様も喜んでいただけました。

ありがとうございました。

外構工事

ウエスト82センチのズボンが85センチへ、それから数年で88センチ。
いつかはけると思って保存していた、小さくなったズボン全て捨てました。
デブまっしぐら。 ひさみつ。

小田原市 外構工事

ホームページよりご縁のあったお客様。
外構工事をお請けいたしました。

雑草がいや。
庭、敷地内全てで雑草を抜くのが嫌。
それを解消したいと。
外構工事
雑草のことで悩まれるお客様は多いです。
かといって、建物の廻り全てセメント打つわけにはいかないですよね。
見た目の事もあるし。

外構工事
こんな風に変わりました。
タイル張りです。
玄関アプローチも。
外構工事
施工前です。
外構工事
庭先とアプローチのタイル色を変え、アプローチ中間には見切りとして樹脂舗装を入れました。
一般的には草目地を使うことが多いのですが、「草は嫌」と言うわけですから、樹脂舗装でコーディネート。
外構工事
玄関横のスペースに駐輪場スペースを造り、屋根も取り付けました。
その他の外周(北側や西側)はセメント打ちで提案。

やっと、雑草の手入れから解放されますね。

ありがとうございました。

外装改修工事

平塚市 外装改修工事

パラペット(立ち上がっている壁)のサイディング材が劣化し、反りやむくれを生じている。
雨漏りも誘発し、L型に続く物干し場のテラスも腐食してしまった。
外壁の修繕と物干し場のテラスを大工工事で対応した事例です。

造作テラス
いきなり完成写真です。
物干し場として使うテラス屋根。
アルミのテラスで施工すれば錆や腐りなどほぼありませんが、施工面積が広くコスト面で木製で造作加工いたしました。

さて、施工前はどのような状況だったのでしょうか。
見ていきましょう。

造作テラス

造作テラス
木材はあちらこちらで腐食が見られ、前面のパネルも万年塀の上にのせてしまっているため、荷重がかかりすぎて万年塀も耐えられなくなっていました。
造作テラス
既存を撤去し、万年塀も取替、木材で組んでいきます。
造作テラス

造作テラス
完成です。
さて、外壁はと言うと、この物干し場の母屋壁側に影響していました。
造作テラス
造作テラスを取付る母屋壁側にはパラペットの外壁と重なり合っています。
外装改修工事
なんとなくイメージできますか。

外装改修工事
パラペットの左側に物干し場のテラスが取り付けられています。
外装改修工事
サイディングを剥がしてみると、中の構造材はシロアリの被害にもあっていました。
外装改修工事

外装改修工事
特に柱の部分は食害が大きい。腐食された構造材は全て取り換えました。
外装改修工事
サイディングはジョイント部分のコーキング劣化が早いのでモルタル塗装の仕上げにいたしました。
外装改修工事
完成です。
現場監督のにゃんこも、ごろり。
お疲れさまでした。

センサーライト

平塚市 屋外用センサーライト取付工事

親子で隣接地に住まう。
親世帯の庭を通って行き来できるようになっているが、夜は照明が無い。
かわいいお孫さんの為におじいちゃんが奮発。
センサーライトの取付をお願いされました。

センサーライト
しかし、取付けたい位置には、必要な壁面が無い。
あるのは写真の通りカーポートのフレームだけ。
さて、どうしましょう?

考える。考える。考える!
為せば成る。

考えてみました!!

センサーライト
カーポートのフレームにどうしたら取付できるかを!
センサーライトの取付面は130Φの大きさが必要。
このままでは取付は出来ないし、大きさも足りない。

既製品の部材が無ければ作ればいい。

センサーライト
アルミのLアングルを抱き合わせ下地板を作ってみた。
中央の穴はセンサーライトの配線位置。
センサーライト
ある程度の強度は必要なのでしっかり上部もアルミLアングルで連結。
かなり丈夫な下地板にあんりました。

後は配線。
センサーライト
一番近い屋外コンセントから分岐する。
センサーライト

センサーライト

センサーライト
電源確保。
センサーライト
製作したアルミ板に通します。
後は本体を取付けるだけ。
センサーライト

センサーライト
完成。お見事! 自分でほめてどうすんの。
強度も、転倒テストも完了。
これで安心して夜の往来ができますね。
3世帯の団欒に一役買えました。

ありがとうございました。
為せば成るなさねばならぬ何事も。

伸縮門扉 ペットガードタイプ

大磯町 伸縮門扉 ペットガードタイプ取付工事

伸縮門扉ペットガードタイプ
鉄製の引き戸タイプを使ってきましたが、古くなると重く動きも悪くなります。
戸車やガイドローラーなどの交換により修繕も可能ですが、将来的にも楽に開閉できることを希望され伸縮門扉に交換することになりました。
伸縮門扉の仕様はあ、小型犬がいるため格子の隙間から道路に出ない物、またキャスター式では無くレール式を希望。

そこで、採用したのはリクシルのカーゲートセレビューMP型ペットガードタイプです。

伸縮門扉ペットガードタイプ
格子の横幅や下端隙間が狭く小型犬でも潜り抜けない仕様です。
伸縮門扉ペットガードタイプ
レール式で且つ親子タイプにしましたので、人の出入りには写真のように一定の幅で開口し、車の出入りは全開口するタイプです。鉄製より軽く開閉が出来、わんちゃんも道路に飛び出す心配もない。

ありがとうございました。