Posts tagged "小田原市"

和式トイレから洋式トイレに変更

小田原市 介護保険住宅改修工事適用
和式トイレから洋式トイレに変更

和式トイレから洋式トイレに変更
木造2階建て、2階部分の汽車便タイプの和式トイレを洋式トイレに変更しました。
和式トイレから洋式トイレに変更

和式トイレから洋式トイレに変更
介護保険の住宅改修工事ではできなかったことをできるようにする。
利用者様の自立支援が最大の目的となります。
上限も20万円と定められておりますので、超えた部分は実費の扱いになります。

そこで、一般のリフォームとの違い、目的を達成させ且つコストパフォーマンスに努めることも必要な場合もあります。(目的外の箇所は費用を掛けない工夫)

コストパフォーマンスの工夫
1、内装工事(壁・天井のリニューアル)については、解体にともない干渉する最低の部位までを行う。
 壁クロスの仕上げは、窓から下部分に限定し、天井も既存利用。
2、照明器具は既存利用
3、ドアは既存利用
4、ペーパーホルダー既存利用(移設)

リフォームとなると改修箇所の全てを新しくしたくなるところですが、上記のように必要外の部分を工夫すればコストパフォーマンスにつながると思います。

外装改修工事 小田原市 その1

小田原市 K様邸

外装改修工事
屋根塗装、外壁塗装、外壁コーキング打ち替え、ベランダ床防水

外装改修工事

屋根塗装工事

屋根塗装工事

新築工事をさせて頂いて、早14年が経ちました。
新築のプラン打合せをさせて頂いている頃が懐かしく思えます。
お引渡しをさせて頂いてから、今日までずっとお付き合いさせて頂いており感謝しております。
何かあれば、直ぐにお声を掛けていただける。
信頼関係の証でしょうか。

さて、足場を掛けて、養生ネットを貼ります。
外装改修工事

外装改修工事

高圧洗浄後、シーリングの打ち替え工事から進めていきます。

玄関アプローチの改修

※数々の段差の解消事例はこちらから
※数々の床材の変更事例はちらから

小田原市 F様邸
過去外出用に玄関アプローチ手摺を取付させて頂いた。
利用者様の身体状況は年々変化し、手摺を使った歩行が困難になる日も出てきました。
和風住宅の庭園では玄関アプローチに飛び石を置き、風情を造ったものですが、住まう人の高齢化とともにその飛び石のレイアウトは時として障害になってしまうこともあります。

段差の解消
庭に敷かれた大きな飛び石、和風イメージとして景観も良かったが、高齢者の歩行には向かない。
段差の解消
飛び石を撤去し「樹脂舗装」を行う。
メリットは、雨水も浸透し滑りにくい。そして和風のイメージを損なわない色合いに仕上げていきます。
段差の解消

段差の解消
白と黒の粒を混ぜた仕様です。
和のイメージも調和します。
何より、歩行不可の日は車椅子での出入りも十分可能になります。

トイレ改修工事  

小田原市 O様邸 トイレ改修工事

脳梗塞で倒れ現在はリハビリを繰り返し間もなく退院を迎えるO様。
室内移動は車椅子となり、排泄は半介助となります。

リハビリ先病院のPT・OTと本人、ご家族とともに事前打合せを行い、現況のトイレをどのように改修するか方針を固めました。
改修方針
1、現在のドア開口寸法600mmから800mmへ広げること。
2、トイレの中に車椅子及び介助者が入れること。
3、便器周りに跳ね上げ式の手摺を取り付けること。
4、本人左手側に立位姿勢を維持させる為の縦手摺を取り付けること。
5、段差は無いこと。

トイレ改修工事
トイレ改修工事
現在の扉は外開きのドアであり、開口幅も600mmしかない。
トイレ改修工事
トイレの中は手洗いカウンターがあり、車椅子及び介助者が入るスペースが取れませんでした。
また、便器も手洗いカウンターがあるためにタンクは手洗い無しの商品がセットされています。
ご家族が利用される時に手を洗うことが出来ず、便器類も取り替えることになりました。

トイレ改修工事
トイレ改修工事
トイレ改修工事
扉はオーダー寸法にて折れ戸に交換。
ドアから折れ戸にすることで開口幅は800mmを確保。
トイレ内にあった手洗いカウンターを撤去し、車椅子及び介助者の進入スペースを確保。
便器類は交換しタンクは手洗い付きに変更。
便器周りには跳ね上げ式の手摺を取りつけ、壁面には立位保持用の縦手摺を取り付けました。
床は当然段差の無いバリアフリー仕様です。

退院前に一時帰宅により、改修後実際に試してもらいました。
全て問題なく、排泄は半介助にて行う事が出来ました。

大満足のリフォーム

弊社ホームページよりお問い合わせを頂き、リフォームをお請けする事になりました。
小田原市内 I様邸 水廻り、内装、玄関ドア他 リフォーム工事
(築25年のハウスメーカーで建てられたお住まいでした。)

それではリフォームが完成した我が家をご案内いたしましょう。
いらっしゃいませ。
大満足のリフォーム
玄関ドアを開けると広々明るいホールと廊下が目に飛び込んできます。
わー、明るくていいね。
リフォームは、床、壁、天井の張替えと照明器具の取替、そして下駄箱の取替よ。

大満足のリフォーム大満足のリフォーム
ちなみに上左が新設された玄関ドア、右が旧の玄関ドア

さあさあ、お入り下さい。
まずはリビングヘどうぞ。
DSC01300
もちろん入口の床はバリアフリー仕様ですよ。
ダイニングテーブルへお掛け下さい。
コーヒーでも入れましょう。
大満足のリフォーム
大満足のリフォーム
Rカウンターの延長と飾り棚の新設
緑の小鉢にとても癒されますね。
大満足のリフォーム
仕切り壁のクロス柄を周りの壁クロスと引き分けることでアクセントになったわ。
左側の間仕切壁上部にニッチを造る事により、リビングの雰囲気が変わりますね。
大満足のリフォーム
置物のセンスで癒されます。
ちょっとキッチンをのぞかせて貰いましょう。
大満足のリフォーム
大満足のリフォーム
リフォーム前はL型のキッチンでした。また、扉の色もダーク色でした。
その為、リフォームされたキッチンはとても明るく目に映ります。
ちなみに以前使われていたキッチンもお見せいたしましょう。
大満足のリフォーム
リフォームしたキッチンの方が使いやすくなりました。と、奥様。
背面の収納もレイアウトを含めリフォームしました。
キッチンからリビングを眺めると素敵ね。
ありがとう。
大満足のリフォーム
あれ?何か変だわ。
気がつきましたか。そう、照明器具を全てダウンライトで構成したのよ。
メインの大きな吊り下げ照明が無いだけで天井がすっきりするのね。
照度もメーカーに依頼して明るさの根拠を示して提案してもらったのよ。
大満足のリフォーム
吊り下げにこだわったのは、このペンダント照明。
ちょっとおしゃれでしょ。
素敵ね。
そう言えば、ニッチがあった壁の裏はどうなっているの。
リビングからは分からないけど、キッチン側はちょっとしたスペースの工夫で有効利用しているわ。
大満足のリフォーム
壁の厚みを上下で引き分け、キッチン側は電話置き場に使っているの。
細かい工夫ね。
ねえ、せっかくだからお風呂もトイレも覗かせて。
どうぞ。

大満足のリフォーム
大満足のリフォーム
タンクレスのオート開閉。
ドアを開けた瞬間、「いらっしゃいませ」なんて言われているようね。
主人は大のお気に入りよ。
大満足のリフォーム
洗面所の入口もお風呂の入口もバリアフリーね。
大満足のリフォーム
大満足のリフォーム
大満足のリフォーム
大満足のリフォーム
ユニットバスも洗面化粧台もメーカーはTOTO製品なのよ。
化粧台は下台と袖ユニット収納のみ利用し鏡とカウンター棚は造作してもらったわ。
以前のお風呂の入口はずいぶん段差があったわよね。
よく覚えてるわね。そうまたぐのに良く足を引っ掛けて不便だったわ。
大満足のリフォーム
こんなに段差があったのよ。
変わるものなのね。
リフォームってすごいわ。
まだ他にもリフォームしたの?
和室と2階の廊下廻りそれに階段ホール。
細かい事言うと、インターホンとか電気関係の配線位置変更や増設などよ。
あっ、それに外のポストも。
大満足のリフォーム
和室も綺麗になったわね。
変えたのは内装のリニューアルなのね。
いいえ、押入れ内の右側部分が和室からではなく廊下側から使う収納に替えたの。
えー、見た目は何も分からない。
大満足のリフォーム
大満足のリフォーム
この使い方いいわね。
主人専用のクローゼットかな。
玄関先にあると色々便利だしね。
大満足のリフォーム
大満足のリフォーム
大満足のリフォーム
階段ホールは踏み板の化粧と連続手摺を付けてもらったの。
2階は廊下にある洗面化粧台の交換とクロスの張替えをしたのよ。
今回のリフォームはここまで。
次回もまた遊びに来てね。
ありがとうございました。

と言うわけでI様ご夫妻には大変喜んで頂いております。
このような機会を頂けました事I様には大変感謝しております。
また、完成引渡し後にアンケートのご協力まで頂き重ねて御礼申し上げます。
ありがとうございました。
今後も、長いお付き合いの程宜しくお願い致します。
最後に、お客様から頂いたアンケートをお読み下さい。
お客様の声 お客様の声