Posts tagged "段差の解消"

床材の変更工事

平塚市 介護保険ん住宅改修工事適用 床材の変更工事
畳からフローリングに変更

茶の間で使っていた4畳半の和室をご利用者様の寝室に替え介護ベッドを置く。
この部屋を寝室にすることにより、水廻りや玄関への動線が短くなる。

床材の変更工事 
畳をフローリングに変更して、正面の掃出し木製窓を腰窓に変更します。

床材の変更工事 
これは、介護ベッドの幅約1メートルを設置すると窓にかかってしまいます。
開閉も不便になる為、窓の大きさを変える提案をさせて頂きました。

床材の変更工事 
入口の硝子戸も交換して敷居撤去することで床をバリアフリーで仕上げます。

内壁や天井等介護に不必要な個所は現状のままにします。
これはコストダウンで割り切りましょう。

床材の変更工事 
これで介護ベッドも置きやすく、且つ歩行器での歩行も楽になります。

床材の変更工事 
正面の掃出し木製窓は腰窓に交換しました。
介護用ベッドを置いても落ち着きます。

床材の変更工事 
腰窓に替える前の外からの状況。
これを

床材の変更工事 
こんな感じで納めました。

床材の変更工事 
入口の建具も交換し、壁にはテレビ掛けの金具を取り付けて床に置かないようにしました。
4畳半ですからベッド廻りには必要な物以外は置かない工夫も大事です。

床材の変更工事 
敷居を撤去してバリアフリーにすることで、歩行器での移動は楽になります。

プラス 玄関框の手摺と踏み台も設置しました。
玄関框手摺と踏み台 

あとは、福祉用具の担当者様にベッド他必要な物をそろえて頂き、ご帰宅を待つばかりです。

ご用命、ありがとうございました。

床段差解消工事

平塚市 床段差解消工事
介護保険住宅改修工事適用

廊下から各居室への入り口には3センチの段差があり、つまづいたり転倒の危険がありました。
段差解消する方法には、段差のある入り口にスロープ板を取付ける方法が最も簡単に出来る方法です。
しかし、スロープ板の出っ張りにつまづくなど更に危険を誘発するリスクもあります。
今回は廊下全体を3センチ上げて仕上げる方法、完全に廊下をバリアフリーにすることをご提案いたしました。

段差解消工事 
トイレの入口も3センチの段差。

段差解消工事 
廊下全体を3センチ嵩上したので、トイレの入り口も段差解消されました。
段差解消工事 
玄関から洗面所、浴室入口まで。
バリアフリー。
段差解消工事 
玄関ホールも嵩上。
デメリットは、今までの玄関框の高さが3センチ上がってしまったこと。

段差解消工事 

段差解消工事 
写真は同じ床材を撮影しているのに、光の加減により様々な模様をかもしだす。
面白いですね。
洗面所入口の引き戸も、床かさ上げに応じて既存引戸を加工しました。
洗面化粧台も、洗濯機排水も全て加工しました。

これで、室内でのつまづきや転倒は回避できそうです。

ご用命、ありがとうございました。

惜しまれる 屋外ステップ

惜しまれる 屋外ステップ

イズミ株式会社の屋外ステップ(2段用・3段用)商品が製造中止となりました。
オーダー製作が可能で、とても良い商品でしたので残念でなりません。
構成している主要の材料はアルミ材で、ビジュアルもかっこよく本当に良い商品。
蹴上げの高さはもちろんのこと、室内床との収まり方法や手摺の高さまで現場に合わせられた商品なので、是非復活を願ってやみません。

屋外ステップ 屋外ステップ 
他メーカー同様商品に比べたら、デザインも柔軟性も優れています。

屋外ステップ 
ベースコンクリートを打ち、商品をアンカーボルトで固定します。
屋外ステップ 
左右2箇所、合計4箇所をアンカーボルトで固定。
屋外ステップ 
敷き砂利を戻してナチュラルな仕上げに。
屋外ステップ 
当然介護保険住宅改修工事 段差解消の適用でした。
利用者様も安心して使える屋外スッテプ。

施工させて頂いた数多くの利用者様には、大変喜ばれております。
お願いです。
復活を検討してください。

段差解消工事

平塚市 段差解消工事 式台 介護保険住宅改修工事適用

玄関框の高さを式台によって負担なく上がれるようにします。
段差解消 
式台はオーダーメイドで幅も奥行きも高さも自由に設定できます。
式台下にはアジャスター金物を取付し玄関ポーチタイルの勾配にも水平に対応できます。
また、踏み面は滑り止め加工がされており利用しやすい式台です。

水廻り リフォーム

鎌倉市

水廻りリフォーム (浴室、洗面所、トイレ)
各所出入り口廊下バリアフリー工事(段差解消)
手摺取付工事

主たる目的は同居する高齢の母親の為に、バリアフリーを基本とした水廻りのリフォームをお請けいたしました。
介護保険住宅改修工事 助成金の20万円(上限枠)適用

打ち合わせの段階で、あらかじめお客様にお伝えしていたことがありました。
築年数の経過を判断し、水廻り部位を解体した時に、構造材がシロアリや腐食を受けている可能性があります。と言うお藩士をしておりました。何もなければいいのですが・・・

早速、浴室を解体していくと。
水廻りリフォーム 
やはり、最初にお伝えしていたことが的中してしまいました。
水廻りリフォーム 
シロアリにも食われていた土台の拡大写真です。
水廻りリフォーム 
構造材の腐食は土台から窓廻りの構造材にも影響を及ぼしていました。
こういう状況はある程度想定の範囲です。
水廻りリフォーム 
土台の入れ替え。新設。
水廻りリフォーム 
窓廻りの腐食した構造材の入れ替え。
入口の土台も、間柱もあらゆる箇所が腐食を受けていました。
腐食した構造材は全て入れ替えて、ユニットバスを組み込みます。

水廻りリフォーム 

解体前の既存状況です。
この状況で、下地が腐食しているとは誰も判断できませんよね。
築年数20年を経過し、定期的な床下消毒工事をしてこないと、このような状況になる可能性は非常に高いと言えます。

水廻りリフォーム 
水廻りリフォーム 
ユニットバスは、通常の規格寸法では無駄が出てしまいますので、タカラさんの「レラージュ」ぴったりサイズをご提案いたしました。これで安心してお母様も入浴できるようなります。

水廻りリフォーム 水廻りリフォーム 

洗面所もトイレも新しくなりました。
水廻りリフォーム 水廻りリフォーム 
洗面化粧台はタカラさんの「ファミーユ ルームヒーター付」を提案いたしました。
冬場のヒートショックを考え、洗面所も暖かく、ヒーターは吊戸棚中央付近から温風が出てきます。
水廻りリフォーム 
中央付近に網格子がありますが、ここから温風が出てきます。
操作はリモコン操作。

水廻りリフォーム 
水廻りリフォーム 
節水型のトイレに変更しました。

その他にも、廊下の床かさ上げ工事や手摺の取付工事を行い、お母様の生活動線、特に水廻りへの動線を考慮しリフォームさせて頂きました。ありがとうございました。