年末年始に掛けて、キッチン、浴室、洗面台等各所の混合栓交換を多くお請けした。
時期によって集中してお請けする内容は異なりますが、何故か年末年始は「水や暖」に関連する工事が集中します。
今年は、1位混合栓の取替、2位給湯器の取替。
給湯器は毎年年末年始に掛けて比較的集中します。それも新品設置から10年を経過すると測っていたかのように機械故障する。
メーカーがそのように仕組んでいるかのと疑いたくなるように正確なのです。
逆を言えば、10年以上何事も無く使用できている給湯器をお使いのお客様は「大当たり」なのかもしれない。

混合栓交換
混合栓交換
シングルレバー混合栓の多くが閉栓しても「水がポタポタたれてくる」と言う現象。
また、ヘッド部分がぐらつき閉栓しにくい。
単水栓(水とお湯のハンドルが分離されているタイプの水栓)ならば、パッキン交換で水のポタポタは止まりますし、部品も安価です。
器用な方であればホームセンターなどでパッキンを購入し自分でも交換作業は出来ます。
しかし、シングルレバー混合栓の場合、中に専用のカートリッジが入っており、このカートリッジを交換しなければ止まりません。
カートリッジ交換はもちろん可能ですが、金額は安くありません。その為、メーカーも同時期に新品への交換をお勧めしている所もあります。

混合栓交換
混合栓交換
混合栓交換
浴室(ユニットバスでも在来浴室でも同様です)のシャワー付き混合栓もキッチン混合栓と同様です。
交換時間もわずかな時間で出来ます。
我が家の混合栓は、そして給湯器は大丈夫ですか?
心配な時は、いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせはこちらから