Posts tagged "玄関框手摺"

玄関框、玄関アプローチ手摺

平塚市 玄関框、玄関アプローチ手摺
介護保険住宅改修工事適用

玄関框手摺 
玄関框用の福祉用具手摺。
これは、貸与商品の置き式タイプで固定はされていません。
玄関が狭かったり、将来的に身体状況が好転しその際は外して返却できるというメリットがあります。但し、毎月一定額の貸与費用を負担する必要があります。

お客様の玄関は広く、お住まいも高齢夫婦お二人と言う事もあって、固定で手摺を取付けたいとの希望がありました。数センチですが、造りの手摺になりますので寸法を自由にすることができます。

玄関框手摺 
完成です。規格商品ではないのでフリー寸法で希望に沿った作りが可能になります。
玄関框手摺 

玄関框手摺 
広い玄関なら固定でもいいねすね。
デメリットは、万一必要の無くなった時に外した場合、支柱下部にはビス穴傷が残ります。
玄関アプローチ手摺 
玄関引戸を挟んで、アプローチ階段にも手摺を取付けました。
ポストの出し入れも考えた動線にしてあります。
玄関アプローチ手摺 

玄関アプローチ手摺 
手摺に捉まりながら、郵便物も新聞も取り出しが出来ます。
もちろん、外出時の歩行にも。

ご用命ありがとうございました。

玄関框手摺・玄関アプローチ手摺

平塚市 玄関框・玄関アプローチ手摺(跳ね上げ式)取付工事
介護保険住宅改修工事適用

段差の多い玄関框やアプローチでは転倒する危険が大きい。
玄関框手摺 
住宅改修での手摺取付前は福祉用具の貸与品で対応していましたが、玄関が狭い昇降時のみにしか利用できない形状の為、壁に連続できる手摺を取付けるようご提案させて頂きました。

玄関框手摺 
廊下より框の昇降、そして外出にも連続して手摺が使えるようにしました。
引戸の玄関を開けると。
玄関アプローチ手摺 
玄関引戸で内と外では遮断されますが、歩幅は半歩で十分外の手摺も利用できます。
玄関アプローチ手摺(跳ね上げ式) 
庭先にある物置の出入り等、手摺で遮断しては使いずらくなる。
その為に、跳ね上げ式の手摺構成にいたしました。
玄関アプローチ手摺(跳ね上げ式) 
ボタン一つで簡単操作。
通行時のみ跳ね上げして、通常は連続手摺で使用。
段差のある場所は、足腰の弱くなった高齢者には捉まる物がある事必須ですね。

ご用命ありがとうございました。

手摺の取付

平塚市 手摺の取付 介護保険住宅改修工事適用

トイレ内手摺の取付
トイレ手摺 
L型横手摺
トイレ手摺 
男性用便器正面の横手摺。
廊下手摺 
廊下からトイレの入り口及び洗面・浴室への入り口に連続させた手摺の事例
手摺の取付 
玄関框の手摺

玄関アプローチから玄関框昇降の動線

平塚市 S様邸 手摺取付と段差解消工事

手摺があれば歩行にて外出可能な場合、手摺の動線を十分検討することが大切になります。
S様の場合は、手摺の利用と半介助にて外出いたします。
特に困っていた玄関框の昇降と玄関アプローチの動線と段差。

十分な検討の結果、以下のように提案し、施工いたしました。

玄関框手摺,式台 
玄関框には高さを半割りにした式台を設置し、歩行と昇降を兼ねそろえた形状の手摺を提案いたしました。
そして、玄関引き戸を開けると、そのままアプローチ手摺を利用できるようにしました。
玄関アプローチ手摺
玄関アプローチ床面タイルの段差も手摺にしっかり掴ることで、不安定な歩行を支えます。
庭に廻る時には手摺が邪魔してしまいますので、中間は跳ね上げ式にしました。
玄関アプローチ跳ね上げ式手摺
利用者様の動線の確保と、ご家族の生活利便性をともに検討し提案いたしました。

玄関框手摺

※数々の手摺取付事例はこちらから

茅ヶ崎 S様邸 玄関框手摺 介護保険住宅改修工事助成金適用

利用者様の身体状況は介護保険の認定を受けてから、ずっと一定ではありません。
日々身体状況は変化します。
当時利用できていた手摺も形状や位置を変えなければならないときもあります。
玄関框手摺
認定を受けた当初、取り付けた手摺。
この手摺を見れば、容易に想像できると思いますが、立ったまま框を昇降できていたのでしょう。
そんな利用者様も時が経ち、立ったままの昇降が大変になってきました。
特に外出時には、框に腰を下ろし靴を履き立ち上がる。しかし、框が低く、既存の手摺では体の後ろ側になってしまい、立ち上がりが困難になってしまいました。
通常の椅子を置いてしまうと靴を取れない。(自立ができない)
そこで、外出時及び帰宅時の対応を考え手摺形状を変える提案を致しました。
玄関框手摺

玄関框手摺

玄関框手摺
写真、手摺A、Bは框に椅子を置き腰掛けた状態で掴ります。すると容易に立ち上がることができました。
手摺Cは立ち上がった状態での歩行時に適用出来る高さに設定した横手摺。
手摺Dは帰宅時、立ったまま框を昇のに使います。
ちなみに、椅子は利用者様の娘様が手作りしてくれました。とっても上手にできています。
椅子の高さのみ、手摺設置の高さと合せ打合せをしてあげました。
これで、現在の状況に応じた手摺になり、出来なかったことが出来るようになり、本人もご家族も大変喜んでくれました。