Posts tagged "着工現場紹介"

雨漏りと外装改修

雨漏りと外装改修
平塚市

何事もなく住んでいた我が家。
それは、突然やってきた。
将来の事も含め、真剣に速やかにその決断を迫られる。

雨漏りと外装改修
くつろいでいたリビングに急に雨が落ちてきた。
ここは家の中だよね?
住まう家族は青ざめる。

さて、貴方の住まいが急にこんな出来事に見舞われたらどうされるのでしょうか?

雨漏りと外装改修
天井はシミだらけになり、一晩中雨を受けるバケツ交換。
寝る事もままならぬ。

原因はなんなのでしょうか。

こんなSOSをお請け致しました。
リビングには室内とは思えない量の雨漏り。
天候が落ち着くまでの間に、これからの生活設計も含めどうされたいのかお話を伺い、ご家族の意向に沿った方法を提案致しました。
ご家族は、将来この家にずっと住まうか別の場所に終の棲家を求めるか思案中でもありました。
その為の家族会議でした。

結果、この家を大事にしようこの家に住み続けようと決心されました。

即、雨漏りの原因調査開始です。
雨漏りと外装改修
リビングの天井を剥がし、構造確認。
構造を把握したうえで雨漏りがあったリビング付近の現況外装確認。
屋根、外壁、窓廻り、ベランダやテラスの取り合いと等々全てチェック。

雨漏りと外装改修
リビングに面した外装状況。
外部からでは何も変化が見られずどこが?と思われるでしょう。
ベランダ床及びテラス取付部、そして化粧のパラペット屋根の取り合い。
ここに焦点を当て水かけ調査。

パラペット屋根の取り合いに水かけした瞬間、リビングには滝のように水侵入。
大きな原因はここの場所でした。

また、外装全体を再度確認した結果。
2階西側サッシには水切り板金が施されていなく、そこからも雨水侵入が見られました。
屋根材も洋瓦がズレ野地板も劣化し雨漏り原因を誘発していました。
雨漏りと外装改修
洋瓦のお行儀が悪い状況ですね。
雨漏りと外装改修
野地板や瓦棒も劣化が進んでいました。

最終的にご家族と打ち合わせを行い、雨漏りの原因となる箇所の修繕はもちろん、外装もリフォームすることに決定いたしました。
屋根材の葺き替え、雨樋交換、外壁塗装、玄関ドア交換、勝手口ドア交換、他内装工事に至るまで施工をお請け致しました。

雨漏りと外装改修

雨漏りと外装改修
屋根葺き替え工事開始
雨漏りと外装改修

雨漏りと外装改修

雨漏りと外装改修
屋根材を撤去した後に下地ベニヤ張り。
雨漏りと外装改修
ルーフィング(防水下地材)を張ります。
雨漏りと外装改修
葺き替えた屋根材は「リッジウェイ」
雨漏りと外装改修

雨漏りと外装改修
屋根の葺き替え完了

雨漏りと外装改修 雨漏りと外装改修
勝手口ドアを採風ドアに交換。

雨漏りと外装改修 雨漏りと外装改修
玄関ドア交換

雨漏りと外装改修
主たる雨漏りの下人だったパラペット屋根は防水下地材を張り、取合合いには水切り板金も施工し、新たに復旧いたしました。

雨漏りと外装改修
この顔が

こんな風に。
雨漏りと外装改修

雨漏りと外装改修

雨漏りと外装改修
この顔も

こんな顔に。
雨漏りと外装改修

雨漏りと外装改修
更に
雨漏りと外装改修
完成です。
雨漏りも大丈夫。
外装もきれいにリフォームできました。
何よりご家族から感謝され大変うれしく思います。
これで安心して末長くお住まい下さい。

ご用命ありがとうございました。

浴室暖房乾燥換気扇

浴室暖房乾燥換気扇工事
大磯町

少し気温も上がり春の訪れを待つ。
しかし、まだまだ寒い日がありますね。

冬場の「ヒートショック」事故は例年おこります。
ここ数年、浴室に暖房乾燥換気を設置する事例は増加傾向にあります。
特に高齢者にとって、急激な温度変化は体に良くありません。
今は、決して贅沢品では無くご自分の体にとって必需品と考えられた方が良いかもしれませんね。

1、「在来浴室へ後付けで暖房乾燥機を取付ける」
2、「ユニットバスの暖房乾燥機を取り換える」

この二つの事例を紹介します。

先ずは「在来浴室へ後付け暖房乾燥機を取付ける」

浴室暖房乾燥機
壁付けタイプの暖房機です。

浴室暖房乾燥機
本体を壁付けし、分電盤に直接専用回路を結びます。
浴室暖房乾燥機
機種によっては専用100Vタイプと200Vタイプがありますが、いずれもエアコンと同様、直接分電盤に結びます。既にある2口のコンセントに差し込んでしまうとブレーカーが落ちてしまいます。
浴室暖房乾燥機
操作はリモコンで簡単。暖房乾燥機と既存の換気扇を連動させるように致しました。
お風呂に入る前に準備運転を行い、浴室を暖める事で「ヒートショック」を防ぎます。

「ユニットバスの暖房乾燥換気扇を取り換える」
浴室暖房乾燥換気扇
既存の暖房乾燥換気扇。さて、ここで問題なのが既存製品は完全廃盤でメーカーも製造を中止しています。部品交換したくても部品も取り寄せができない。更に、大きさが問題で現行品の規格サイズにはあてはまりません。
そこで現行品に合わせて暖房乾燥換気扇の開口部の加工を行い、隙間が出たところには隙間埋めのプレート設置をしていきます。
浴室暖房乾燥換気扇
現行品が収まるよう開口部の加工を行います。
浴室暖房乾燥換気扇
隙間を調整する補助プレートを取付、更に天井裏には強度を持たせるようボルト固定を行いました。
機械は重量がありますので、下からのビス止めだけでは落下の危険が有りますので要注意です。
浴室暖房乾燥換気扇
完成です。
見た目もすっきり。

ご用命、ありがとうございました。

LDK と 和室の改修

LDK(リビング・ダイニング・キッチン)と和室の改修工事
茅ヶ崎市

LDKと和室全体のスペースは増やす事が出来ない為、現在の空間を有効利用する。
LDKリフォーム
物もだんだん増えていき収納場所もなくなる。
空間利用には限度がるので、リフォームきっかけに、「いざ、断捨離!」
お客様もリフォームの機会に、断捨離の決意。
日本人ならやはり「もったいない、まだ使うかもしれない、まだ使える」の気落ちはみんな同じ。
でも思いっきり不要な物は捨てるという覚悟が出来たようです。
キッチンリフォーム
手前に大きくそびえる冷蔵庫。
食卓テーブルが置けず、リビングのテーブルを兼用。
和室リフォーム
リビングに隣接する和室。
この和室にも荷物がいっぱい。
その中での寝室使用は危険です。
大きな地震が来れば、家具の下敷きにでもなりかねない。

和室リフォーム
実家から運んできた大きな仏壇。
この仏壇も収まるスペースが無い現状。

LDKリフォーム
荷物を全て運び出し、不要な物は断捨離決行。
LDKに隣接する和室の壁を一部解体していきます。
LDKリフォーム
一部解体した壁は和室側に奥行きを広げ、家電収納スペースを作ります。
和室リフォーム
和室の内装も解体していきます。
キッチンスペースとの境界壁になっていた場所には新たに押入を作ります。
和室リフォーム
既存の押し入れも解体。
押入内部の構成を変えていきます。
和室リフォーム
仏壇はご先祖様が誇りを被らないようにしっかり養生。
この仏壇のスペースが元の押し入れの半分。

LDKリフォーム
I型キッチンの周りは壁面が少なく収納あるいは家具などは配置できない。
そこで、1箇所の掃出しサッシをヶ紅変更します。
LDKリフォーム
キッチン撤去。
給排水の切り回し工事を行い、掃出しサッシも壁に変更します。
LDKリフォーム
掃出しサッシを塞ぎ、下地造作とともに断熱材も入れました。

さて、1か月程の工期の中でLDKと和室はどうなったのでしょうか。
リフォームの完成です。

和室リフォーム

和室リフォーム

和室リフォーム
新しくなったたたみの香りがとてもいい匂い。
物も整理できゆっくり休めるお部屋が出来ました。

LDKリフォーム
キッチンはホワイト系の色を選択して明るくしました。
LDKリフォーム
背面収納も設置してその奥に冷蔵庫を配置。
背面収納の前には食卓テーブルを置く予定です。
背面収納の上部は両面ハッチ型でどちらからでも出し入れOK。
LDKリフォーム
和室の一部を削って家電収納のスペースに。
キチン周りにあった家電や食器類は全て収納に収まりました。
LDKリフォーム
リビングにもパソコン、家事テーブルを造り、露出されていた物も収納BOXへ。
限られた空間の中でのリフォームですので、パーフェクトに要望をかなえる事は無理かもしれませんが、お客様は十分満足して頂きました。

ありがとうございました。

ガスコンロ交換

ガスコンロ交換 平塚市

古くなったビルトインコンロの交換です。
ガスコンロ交換
システムキッチンに組み込まれている、ビルトインガスコンロ。
五徳のお掃除も大変で、機器の作動もそろそろ限界を迎えてきました。

ガスコンロ交換
既存のガスコンロを撤去し、油汚れを取り出来るだけ廻りを奇麗に清掃。
お客様自身とてもきれいにお使いいただいておりましたので、清掃はあっという間に完了。
ガスコンロ交換
商品を組み込い固定、その後はガスをつないで完了。
新しくなったガスコンロのトップは「パールクリスタル」のピンク色。
奥様の好みで決めました。
今度はお掃除も一段と楽になりました。
ガスコンロ交換
完了です。

ありがとうございました。

車庫屋根工事

車庫屋根工事 茅ヶ崎市

一般的にはアルミエクステリア製品の「カーポート」を設置致しますが、
現場やお客様の利用方法を考え、アルミテラスで屋根を設けました。

車庫屋根工事
カーポートの間口より敷地幅が広い。
車で買い物をしたあと、車庫に入れリビング掃出しサッシより購入品を運び入れるため雨の日は不便。
梱点を考慮して、ベランダの下端よりアルミテラスを加工して取り付ける提案をさせて頂きました。

車庫屋根工事
入り口側の間口と奥行きの間口では幅が異なる為、敷地に合わせて斜めカット加工致します。
車庫屋根工事

車庫屋根工事
これで、雨の日でも車の乗り降り、買い物品運びもぬれずにすみます。
車庫屋根工事
屋根材はポリカーボネートのクリアマット色。
南側の取付でも暗くなることはありません。

ありがとうございました。