Posts tagged "着工現場紹介"

わんちゃんと住む家 外装工事

平塚市
わんちゃんと住む家 外装工事

着々と進行
外壁工事 
外壁を貼る前の下地工事完了

外壁工事 
外観は重厚なダーク系色にまとめてみました。

建物内の壁や天井の下地工事も同時進行し順調に進んでいます。
次回完成記事をお楽しみに。

 

外壁・屋根塗装工事 クリアー色

平塚市

外装改修工事をお請けいたしました。
外壁の塗装は、現在のブリック調タイル柄のサイディングを気に入られているとのことで、クリアー色を塗ることに致しました。屋根の塗装、シーリングの打替え及び玄関ポーチ屋根増設の工事です。

外装工事
一見すると、まだ新しく見える外装です。
しかし・・・
外装工事
シーリングの劣化は随所に見られ、サイディングを止めている釘も所々浮きが出ています。
外装工事
シーリングは5年過ぎると劣化が始まります。
とはいえ、5年で足場を架けてシーリングの打替えでは維持費がたまりませんね。
どうしても、外壁や屋根の塗装時期に合わせて行うケースがほとんどです。

足場架け
架設の足場を架けていきます。
足場架け
職人さん2人で一日で架け終わります。
足場架け
足場架けが完了したら、養生ネットを張ります。
外装工事 養生
ベランダやサッシ等養生をするのも時間を要します。
外装工事 養生
建物周囲の敷地にもすべて養生を致します。
細かな仕事ですが、この作業は欠かせません。
屋根塗装 高圧洗浄後
まずは屋根塗装から、高圧洗浄後の様子ですがほとんど屋根材の塗膜は劣化している状態です。
下塗り、中塗り、上塗りの3回塗りの工程で仕上げます。
屋根塗装
屋根材と屋根材の間には、毛細管現象を防ぐために「タスペーサー」商品を使用し、縁切りをしています。
屋根塗装
見違えるようにきれいに塗装されました。
シーリング打替え
屋根塗装を行っている間に、シーリングの打替えも行いました。
古いシーリングを剥がし、打ち替えます。
シーリングが乾く間に、雨戸や戸袋、軒天や破風、雨樋等外装に付随し塗装できるものは全て塗装致します。
外壁は屋根同様、下塗り、中塗り、上塗りと3回の工程で仕上げます。
レンガ調のイメージはそのままに、光沢の復活です!。
外壁塗装
光沢が戻りました。
外壁塗装
太陽が差せば飴色に光る。
外壁塗装
東西南北、日の当たり方の違いで色々な光沢を見せる外壁。
外壁塗装
北側面でも十分に光沢を感じられます。
外壁塗装
離れて撮影した南側。見える色合いが変わる、味に深さ。
クリアー塗装もいいですね。
しかし、クリアー色の塗装は、築年数が10年で行うことを理想としています。
色を付けるわけではありませんので、元の外壁の傷み等が大きいと、その傷は目立って見えてしまいます。
最後に玄関ポーチ屋根の増設です。
工事は足場が掛かっている状況で行いました。
ポーチ屋根
アルミのテラスを加工して取り付けます。
ポーチ屋根
ポーチ屋根の雨樋は建物の竪樋につなぎました。
ポーチ屋根
玄関前の元々のポーチ屋根は奥行き90センチ程度で雨降りの日は少々不便をしておりました。
ポーチ屋根
外装工事、全て完了いたしました。
お客様にも大変喜んでいただきました。

ありがとうございました。

ホール間仕切り壁工事

平塚市
玄関ホール間仕切り壁工事

二世帯同居の住宅。
1階ゾーンと2階ゾーンの使い方として、玄関ホールの一部を間仕切ります。

玄関ホール間仕切り壁工事
写真左右扉の真ん中より間仕切り壁を造ります。

玄関ホール間仕切り壁工事
階段前にて間仕切り壁を造ります。

玄関ホール間仕切り壁工事
階段笠木上から壁を造っていきます。
下地工事。

玄関ホール間仕切り壁工事

玄関ホール間仕切り壁工事 玄関ホール間仕切り壁工事
元々のプランのように間仕切りが出来ました。
クロスや造作材も既存の仕様に極力近づけました。
玄関ホール間仕切り壁工事 新設間仕切りの内側から。

玄関ホール間仕切り壁工事
鍵無しの建具を、鍵付きに変更しました。

お客様も出来栄えに喜んでいただけました。
ありがとうございました。

わんちゃんと住む家 躯体検査

平塚市 わんちゃんと住む家 躯体検査

わんちゃんと住む家 躯体検査 
第三者機関 株式会社 日本住宅保証検査機構(通称jIO)の検査を受けました。
構造躯体の不備工事は無く、順調に次工程に進みます。

内装断熱材施工。
この住宅は省エネ基準4をクリアする住宅です。
わんちゃんと住む家 断熱材 

わんちゃんと住む家 断熱材 

わんちゃんと住む家 断熱材 
床、壁、天井に基準値をクリアする断熱材の施工を行いました。

外装改修工事

平塚市 外装改修工事

パラペット(立ち上がっている壁)のサイディング材が劣化し、反りやむくれを生じている。
雨漏りも誘発し、L型に続く物干し場のテラスも腐食してしまった。
外壁の修繕と物干し場のテラスを大工工事で対応した事例です。

造作テラス
いきなり完成写真です。
物干し場として使うテラス屋根。
アルミのテラスで施工すれば錆や腐りなどほぼありませんが、施工面積が広くコスト面で木製で造作加工いたしました。

さて、施工前はどのような状況だったのでしょうか。
見ていきましょう。

造作テラス

造作テラス
木材はあちらこちらで腐食が見られ、前面のパネルも万年塀の上にのせてしまっているため、荷重がかかりすぎて万年塀も耐えられなくなっていました。
造作テラス
既存を撤去し、万年塀も取替、木材で組んでいきます。
造作テラス

造作テラス
完成です。
さて、外壁はと言うと、この物干し場の母屋壁側に影響していました。
造作テラス
造作テラスを取付る母屋壁側にはパラペットの外壁と重なり合っています。
外装改修工事
なんとなくイメージできますか。

外装改修工事
パラペットの左側に物干し場のテラスが取り付けられています。
外装改修工事
サイディングを剥がしてみると、中の構造材はシロアリの被害にもあっていました。
外装改修工事

外装改修工事
特に柱の部分は食害が大きい。腐食された構造材は全て取り換えました。
外装改修工事
サイディングはジョイント部分のコーキング劣化が早いのでモルタル塗装の仕上げにいたしました。
外装改修工事
完成です。
現場監督のにゃんこも、ごろり。
お疲れさまでした。