Posts tagged "着工現場紹介"

見えない構造材の被害 戸建て

平塚市 一戸建て木造住宅
「見えない構造材の被害」

リフォームと言えば、古くなったものを新しくしたり、使いにくい間取りを変更したり、
目に見えて不便に思えたものを、新たな快適性を求める。
不安を安心に変える、その目的は多種多様になります。

しかし、中にはこれほどまでに被害が大きくなっていたなんて思えない事例もあるのです。
それもまた、一つのリフォーム。

構造材の被害をリフォームする場合、知識も技術も経験も必要とします。
設備品を取り換えるだけの工事とは大きく違います。

目に見えない構造材の被害
一見何も変化に気が付かない、きれいな一戸建て住宅。
築年数は30年ほどが経過していますが、外部の塗装や内部も所々リフォームしてきました。
ところが・・・

目に見えない構造材の被害 目に見えない構造材の被害
北側の水廻りが配置されている通り面。
外壁材が少し浮き上がっているのがわかります。
目に見えない構造材の被害
雨水侵入の可能性があります。
北側に取り付けられたサッシの収まりが芳しくない。
雨水が差し込む可能性が大きい取付になっています。
外壁材の下端には水切り板金も施していない。

この状況に不安を覚えたお客様からの相談でした。
現地調査を念入りに行い、どのような事になっているのか推測しながら、どう解決するかを検討する。
確実なのは「破壊調査」を行うことですが、弊社がお請けするかどうか分からない段階ではそれもできません。
ある程度の推測にはなってしまいますが、このリフォームのお見積りをださなくてはなりません。
知識、技術、経験が活かされる場面です。

最終的に弊社にお任せいただけることとなり、工事をお請け致しました。
・北側構造材の腐食は全て直す
・外壁全体を張り替える
・外壁下地として構造用合板を施工する
・屋根材も葺き替える
・外装の細部(破風、軒天、雨樋等)の一新
・収まりの悪い亜梨実サッシの交換
・玄関ドアの交換
・内部リフォーム(北側壁に干渉するトイレ、洗面及びキッチン)
・スチール製のバルコニーとテラスをアルミ製品に交換
・その他上記に付帯する工事
大まかには上記の内容でリフォーム工事をお請けすることになりました。
条件は「住みながら」でした。

見えない構造材の被害
近隣挨拶を済ませ、足場架け。
重要課題の北側外壁面から解体していきます。
目に見えない構造材の被害
案の定でした。
推測した通り、構造材はボロボロ。
長い間相当壁の中に雨水侵入していたようです。
目に見えない構造材の被害
柱も筋交いも土台も桁も・・・腐食。
目に見えない構造材の被害
撤去した構造材です。
雨水侵入の腐食と共にシロアリの被害も確認しました。
もう時すでに強度の限界を超えていました。
外壁材のみで強度を保てていた状態です。
目に見えない構造材の被害
腐食した構造材は入れ替えます。
「住みながら」のリフォームなので一機に全ての外壁を剥がすわけにはいきませんので、部分的にこの工程を繰り返していきます。
目に見えない構造材の被害
柱や筋交い、桁等の構造材を入れ替えたら構造用合板を貼って強度をとります。
目に見えない構造材の被害
一カ所一カ所、入れ替えていくので、工期もかかります。
しかし、これが最も重要な作業になり、後に安心してお住まいになっていただくための基礎的な工事になります。
目に見えない構造材の被害
玄関ポーチ屋根の板金収まりも芳しくなく、全て解体して納め直し。

目に見えない構造材の被害
一番問題があった北側面外壁部分で相当数の工程を要しました。
このあと、東西、南面全て既存外壁を剥がし、構造材の被害がないか確認し、安心できる下地作りをしていきます。
目に見えない構造材の被害

目に見えない構造材の被害

目に見えない構造材の被害

目に見えない構造材の被害
外壁一周するのに2カ月。
被害が一番大きかったのは北側面でした。
北側により近いリビング内部でも柱がシロアリの被害にあっていました。
目に見えない構造材の被害

目に見えない構造材の被害
大きな被害ではありませんでしたが、腐食部分を撤去し新たな柱をつなぎ合わせします。

次は屋根の葺き替え。
目に見えない構造材の被害
既存の屋根はスレート鋼板材。この屋根材を全て剥がして新しい屋根材を葺きます。

目に見えない構造材の被害
屋根からの雨漏り等は見受けられませんでしたが、屋根材はもう耐久性の限界でした。

目に見えない構造材の被害
下地ベニヤ張りの上に防水シートを張り、新しい屋根材を葺きます。

目に見えない構造材の被害
今までの屋根材より軽量で長持ちする。
旭ファイバーグラスの「リッジウエイ」

目に見えない構造材の被害
スレート鋼板の約2分の1の重量で建物への負担は軽減されます。

目に見えない構造材の被害
玄関の顔も変えます。

目に見えない構造材の被害
袖格子部分も解体撤去し造作し直し。

目に見えない構造材の被害
新しい玄関の顔です。

完了したのは工事着工から約3カ月。

お客様も家の構造を生で見て、その工程と共に驚きと納得の繰り返しでした。
そして最後に「安心」と言う思いを得られ、感謝の言葉を頂戴いたしました。

目に見えない構造材の被害

目に見えない構造材の被害
一番被害の大きかった北側面。

目に見えない構造材の被害

目に見えない構造材の被害

目に見えない構造材の被害

目に見えない構造材の被害

目に見えない構造材の被害

長い期間ご協力頂きましたお客様に感謝申し上げます。
内部のリフォームは限定されましたが、一番心配されていた構造部分はしっかりリフォームできました。
安心してお住まい下さい。

ご用命、ありがとうございました。

 

ブロック塀倒壊予防工事

茅ヶ崎市 ブロック塀倒壊予防工事
(ブロック塀等倒壊予防対策補助金制度利用)

国内各地で起きた地震でブロック塀の倒壊が見られました。
ブロック塀の倒壊により避難や救助、消火活動の妨げになることもあります。
各自治体で補助金制度の内容は異なるかと思いますが、お住まいの自治体に確認し安全確保の視点から危険なブロック塀は除去して安全な工作物に転換することをお勧めいたします。

ブロック塀倒壊予防工事
お客様宅の前面道路は児童の通学路。
小さなお子さんが毎日通る道です。
ちょとしたブロック塀も倒壊すれば危険です。
ブロック塀倒壊予防工事
補助金対象では、ブロック塀を撤去して、フェンスや生垣等重量が軽いものに変更する必要があります。
ブロックを積む場合は2段以下にしなければなりません。
※各自治体によって条件は異なります。
門柱代わりにフェンス取付と言うのも、玄関の入り口としてお洒落さがないですよね。

考えました。
そして、補助金対象の条件に合う内容で、提案しました。


ブロック塀倒壊予防工事
決められた通りブロック塀は解体撤去致します。
ブロック塀倒壊予防工事
両開きの門扉と車庫入口の伸縮門扉は既存を生かせます。
ですから、既存のアルミ商品とバランスが取れる仕様にします。
ブロック塀倒壊予防工事
アルミ門扉、伸縮門扉を残してブロック塀は完全に撤去しました。

ブロック塀倒壊予防工事
完成です。
いかがですか?既存の門扉とも調和していますね。
アルミ角柱をスリットを入れてデコレートしました。
これなら、倒壊のしても危険はありません。
ブロック塀倒壊予防工事

ブロック塀倒壊予防工事

これで安心できますね。
ブロック塀倒壊予防工事は強制ではなく、あくまでも任意だそうです。
但し、万一通行人等怪我などさせてしまった場合はご自身の責任になるようです。
私は保険屋さんではありませんので詳しい事は分かりませんが、安全が一番ですね。

ご用命、ありがとうございました。

エクステリア工事

平塚市 エクステリア工事
・カーポート工事
・伸縮門扉工事
・目隠しフェンス工事

エクステリア工事
スチール製で造られていたカーポートをアルミカーポートに交換します。
エクステリア工事
スチール製で造られていた引戸門扉をアルミ伸縮門扉に交換します。

エクステリア工事
既存スチール製のカーポート、引戸門扉を撤去処分。
位置出しをし、カーポートの柱を埋め込むコンクリートのはつり作業を経て組立てします。
アルミカーポート
アルミカーポートの完成です。
控え柱は脱着可能タイプ。
アルミ伸縮門扉
アルミ伸縮門扉完成です。
アルミ目隠しフェンス
一部ではありますが、玄関正面から隣家が見える部分にはアルミ目隠しフェンスを取付けました。
エクステリア工事
全て完成です。
アルミ製品に交換しましたので腐食等の心配はなくなりました。

ご用命、ありがとうございました。

太陽熱温水器の撤去と屋根塗装

平塚市 太陽熱温水器の撤去と屋根塗装工事

太陽熱温水器撤去
もう20年以上も活躍した太陽熱温水器が水漏れを起こしてしまった。
屋根材に与える影響もあり、撤去して屋根塗装を行う。
太陽熱温水器撤去
温水器からの漏水で屋根材にも影響がでています。

温水器の撤去と屋根塗装
足場架けは必須です。
老朽化した太陽熱温水器の撤去、そして塗装に入る前に
割れなどで劣化したすれーと瓦を数枚入替えしました。
太陽熱温水器の撤去

屋根材修繕

屋根材修繕

屋根材修繕

太陽熱温水器の撤去
太陽熱温水器を撤去し、屋根材の部分修繕も完了しました。
これで屋根全体の塗装を致します。
太陽熱温水器の撤去と共に、浴室への配管切り回し工事は必要となります。

屋根塗装

屋根塗装

屋根塗装

屋根塗装
使用した塗料材はSK化研のヤネフレッシュ シリコンです。

ご用命、ありがとうございました。

雨漏りと外装改修

雨漏りと外装改修
平塚市

何事もなく住んでいた我が家。
それは、突然やってきた。
将来の事も含め、真剣に速やかにその決断を迫られる。

雨漏りと外装改修
くつろいでいたリビングに急に雨が落ちてきた。
ここは家の中だよね?
住まう家族は青ざめる。

さて、貴方の住まいが急にこんな出来事に見舞われたらどうされるのでしょうか?

雨漏りと外装改修
天井はシミだらけになり、一晩中雨を受けるバケツ交換。
寝る事もままならぬ。

原因はなんなのでしょうか。

こんなSOSをお請け致しました。
リビングには室内とは思えない量の雨漏り。
天候が落ち着くまでの間に、これからの生活設計も含めどうされたいのかお話を伺い、ご家族の意向に沿った方法を提案致しました。
ご家族は、将来この家にずっと住まうか別の場所に終の棲家を求めるか思案中でもありました。
その為の家族会議でした。

結果、この家を大事にしようこの家に住み続けようと決心されました。

即、雨漏りの原因調査開始です。
雨漏りと外装改修
リビングの天井を剥がし、構造確認。
構造を把握したうえで雨漏りがあったリビング付近の現況外装確認。
屋根、外壁、窓廻り、ベランダやテラスの取り合いと等々全てチェック。

雨漏りと外装改修
リビングに面した外装状況。
外部からでは何も変化が見られずどこが?と思われるでしょう。
ベランダ床及びテラス取付部、そして化粧のパラペット屋根の取り合い。
ここに焦点を当て水かけ調査。

パラペット屋根の取り合いに水かけした瞬間、リビングには滝のように水侵入。
大きな原因はここの場所でした。

また、外装全体を再度確認した結果。
2階西側サッシには水切り板金が施されていなく、そこからも雨水侵入が見られました。
屋根材も洋瓦がズレ野地板も劣化し雨漏り原因を誘発していました。
雨漏りと外装改修
洋瓦のお行儀が悪い状況ですね。
雨漏りと外装改修
野地板や瓦棒も劣化が進んでいました。

最終的にご家族と打ち合わせを行い、雨漏りの原因となる箇所の修繕はもちろん、外装もリフォームすることに決定いたしました。
屋根材の葺き替え、雨樋交換、外壁塗装、玄関ドア交換、勝手口ドア交換、他内装工事に至るまで施工をお請け致しました。

雨漏りと外装改修

雨漏りと外装改修
屋根葺き替え工事開始
雨漏りと外装改修

雨漏りと外装改修

雨漏りと外装改修
屋根材を撤去した後に下地ベニヤ張り。
雨漏りと外装改修
ルーフィング(防水下地材)を張ります。
雨漏りと外装改修
葺き替えた屋根材は「リッジウェイ」
雨漏りと外装改修

雨漏りと外装改修
屋根の葺き替え完了

雨漏りと外装改修 雨漏りと外装改修
勝手口ドアを採風ドアに交換。

雨漏りと外装改修 雨漏りと外装改修
玄関ドア交換

雨漏りと外装改修
主たる雨漏りの下人だったパラペット屋根は防水下地材を張り、取合合いには水切り板金も施工し、新たに復旧いたしました。

雨漏りと外装改修
この顔が

こんな風に。
雨漏りと外装改修

雨漏りと外装改修

雨漏りと外装改修
この顔も

こんな顔に。
雨漏りと外装改修

雨漏りと外装改修
更に
雨漏りと外装改修
完成です。
雨漏りも大丈夫。
外装もきれいにリフォームできました。
何よりご家族から感謝され大変うれしく思います。
これで安心して末長くお住まい下さい。

ご用命ありがとうございました。