Posts tagged "雨漏り救助隊"

見えない構造材の被害 戸建て

平塚市 一戸建て木造住宅
「見えない構造材の被害」

リフォームと言えば、古くなったものを新しくしたり、使いにくい間取りを変更したり、
目に見えて不便に思えたものを、新たな快適性を求める。
不安を安心に変える、その目的は多種多様になります。

しかし、中にはこれほどまでに被害が大きくなっていたなんて思えない事例もあるのです。
それもまた、一つのリフォーム。

構造材の被害をリフォームする場合、知識も技術も経験も必要とします。
設備品を取り換えるだけの工事とは大きく違います。

目に見えない構造材の被害
一見何も変化に気が付かない、きれいな一戸建て住宅。
築年数は30年ほどが経過していますが、外部の塗装や内部も所々リフォームしてきました。
ところが・・・

目に見えない構造材の被害 目に見えない構造材の被害
北側の水廻りが配置されている通り面。
外壁材が少し浮き上がっているのがわかります。
目に見えない構造材の被害
雨水侵入の可能性があります。
北側に取り付けられたサッシの収まりが芳しくない。
雨水が差し込む可能性が大きい取付になっています。
外壁材の下端には水切り板金も施していない。

この状況に不安を覚えたお客様からの相談でした。
現地調査を念入りに行い、どのような事になっているのか推測しながら、どう解決するかを検討する。
確実なのは「破壊調査」を行うことですが、弊社がお請けするかどうか分からない段階ではそれもできません。
ある程度の推測にはなってしまいますが、このリフォームのお見積りをださなくてはなりません。
知識、技術、経験が活かされる場面です。

最終的に弊社にお任せいただけることとなり、工事をお請け致しました。
・北側構造材の腐食は全て直す
・外壁全体を張り替える
・外壁下地として構造用合板を施工する
・屋根材も葺き替える
・外装の細部(破風、軒天、雨樋等)の一新
・収まりの悪い亜梨実サッシの交換
・玄関ドアの交換
・内部リフォーム(北側壁に干渉するトイレ、洗面及びキッチン)
・スチール製のバルコニーとテラスをアルミ製品に交換
・その他上記に付帯する工事
大まかには上記の内容でリフォーム工事をお請けすることになりました。
条件は「住みながら」でした。

見えない構造材の被害
近隣挨拶を済ませ、足場架け。
重要課題の北側外壁面から解体していきます。
目に見えない構造材の被害
案の定でした。
推測した通り、構造材はボロボロ。
長い間相当壁の中に雨水侵入していたようです。
目に見えない構造材の被害
柱も筋交いも土台も桁も・・・腐食。
目に見えない構造材の被害
撤去した構造材です。
雨水侵入の腐食と共にシロアリの被害も確認しました。
もう時すでに強度の限界を超えていました。
外壁材のみで強度を保てていた状態です。
目に見えない構造材の被害
腐食した構造材は入れ替えます。
「住みながら」のリフォームなので一機に全ての外壁を剥がすわけにはいきませんので、部分的にこの工程を繰り返していきます。
目に見えない構造材の被害
柱や筋交い、桁等の構造材を入れ替えたら構造用合板を貼って強度をとります。
目に見えない構造材の被害
一カ所一カ所、入れ替えていくので、工期もかかります。
しかし、これが最も重要な作業になり、後に安心してお住まいになっていただくための基礎的な工事になります。
目に見えない構造材の被害
玄関ポーチ屋根の板金収まりも芳しくなく、全て解体して納め直し。

目に見えない構造材の被害
一番問題があった北側面外壁部分で相当数の工程を要しました。
このあと、東西、南面全て既存外壁を剥がし、構造材の被害がないか確認し、安心できる下地作りをしていきます。
目に見えない構造材の被害

目に見えない構造材の被害

目に見えない構造材の被害

目に見えない構造材の被害
外壁一周するのに2カ月。
被害が一番大きかったのは北側面でした。
北側により近いリビング内部でも柱がシロアリの被害にあっていました。
目に見えない構造材の被害

目に見えない構造材の被害
大きな被害ではありませんでしたが、腐食部分を撤去し新たな柱をつなぎ合わせします。

次は屋根の葺き替え。
目に見えない構造材の被害
既存の屋根はスレート鋼板材。この屋根材を全て剥がして新しい屋根材を葺きます。

目に見えない構造材の被害
屋根からの雨漏り等は見受けられませんでしたが、屋根材はもう耐久性の限界でした。

目に見えない構造材の被害
下地ベニヤ張りの上に防水シートを張り、新しい屋根材を葺きます。

目に見えない構造材の被害
今までの屋根材より軽量で長持ちする。
旭ファイバーグラスの「リッジウエイ」

目に見えない構造材の被害
スレート鋼板の約2分の1の重量で建物への負担は軽減されます。

目に見えない構造材の被害
玄関の顔も変えます。

目に見えない構造材の被害
袖格子部分も解体撤去し造作し直し。

目に見えない構造材の被害
新しい玄関の顔です。

完了したのは工事着工から約3カ月。

お客様も家の構造を生で見て、その工程と共に驚きと納得の繰り返しでした。
そして最後に「安心」と言う思いを得られ、感謝の言葉を頂戴いたしました。

目に見えない構造材の被害

目に見えない構造材の被害
一番被害の大きかった北側面。

目に見えない構造材の被害

目に見えない構造材の被害

目に見えない構造材の被害

目に見えない構造材の被害

目に見えない構造材の被害

長い期間ご協力頂きましたお客様に感謝申し上げます。
内部のリフォームは限定されましたが、一番心配されていた構造部分はしっかりリフォームできました。
安心してお住まい下さい。

ご用命、ありがとうございました。

 

雨漏りと外装改修

雨漏りと外装改修
平塚市

何事もなく住んでいた我が家。
それは、突然やってきた。
将来の事も含め、真剣に速やかにその決断を迫られる。

雨漏りと外装改修
くつろいでいたリビングに急に雨が落ちてきた。
ここは家の中だよね?
住まう家族は青ざめる。

さて、貴方の住まいが急にこんな出来事に見舞われたらどうされるのでしょうか?

雨漏りと外装改修
天井はシミだらけになり、一晩中雨を受けるバケツ交換。
寝る事もままならぬ。

原因はなんなのでしょうか。

こんなSOSをお請け致しました。
リビングには室内とは思えない量の雨漏り。
天候が落ち着くまでの間に、これからの生活設計も含めどうされたいのかお話を伺い、ご家族の意向に沿った方法を提案致しました。
ご家族は、将来この家にずっと住まうか別の場所に終の棲家を求めるか思案中でもありました。
その為の家族会議でした。

結果、この家を大事にしようこの家に住み続けようと決心されました。

即、雨漏りの原因調査開始です。
雨漏りと外装改修
リビングの天井を剥がし、構造確認。
構造を把握したうえで雨漏りがあったリビング付近の現況外装確認。
屋根、外壁、窓廻り、ベランダやテラスの取り合いと等々全てチェック。

雨漏りと外装改修
リビングに面した外装状況。
外部からでは何も変化が見られずどこが?と思われるでしょう。
ベランダ床及びテラス取付部、そして化粧のパラペット屋根の取り合い。
ここに焦点を当て水かけ調査。

パラペット屋根の取り合いに水かけした瞬間、リビングには滝のように水侵入。
大きな原因はここの場所でした。

また、外装全体を再度確認した結果。
2階西側サッシには水切り板金が施されていなく、そこからも雨水侵入が見られました。
屋根材も洋瓦がズレ野地板も劣化し雨漏り原因を誘発していました。
雨漏りと外装改修
洋瓦のお行儀が悪い状況ですね。
雨漏りと外装改修
野地板や瓦棒も劣化が進んでいました。

最終的にご家族と打ち合わせを行い、雨漏りの原因となる箇所の修繕はもちろん、外装もリフォームすることに決定いたしました。
屋根材の葺き替え、雨樋交換、外壁塗装、玄関ドア交換、勝手口ドア交換、他内装工事に至るまで施工をお請け致しました。

雨漏りと外装改修

雨漏りと外装改修
屋根葺き替え工事開始
雨漏りと外装改修

雨漏りと外装改修

雨漏りと外装改修
屋根材を撤去した後に下地ベニヤ張り。
雨漏りと外装改修
ルーフィング(防水下地材)を張ります。
雨漏りと外装改修
葺き替えた屋根材は「リッジウェイ」
雨漏りと外装改修

雨漏りと外装改修
屋根の葺き替え完了

雨漏りと外装改修 雨漏りと外装改修
勝手口ドアを採風ドアに交換。

雨漏りと外装改修 雨漏りと外装改修
玄関ドア交換

雨漏りと外装改修
主たる雨漏りの下人だったパラペット屋根は防水下地材を張り、取合合いには水切り板金も施工し、新たに復旧いたしました。

雨漏りと外装改修
この顔が

こんな風に。
雨漏りと外装改修

雨漏りと外装改修

雨漏りと外装改修
この顔も

こんな顔に。
雨漏りと外装改修

雨漏りと外装改修
更に
雨漏りと外装改修
完成です。
雨漏りも大丈夫。
外装もきれいにリフォームできました。
何よりご家族から感謝され大変うれしく思います。
これで安心して末長くお住まい下さい。

ご用命ありがとうございました。

屋根葺き替え工事in大磯1

大磯町
屋根葺き替え工事 瓦材からスレート鋼板へ葺き替えます。

屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事
道路から見ると、河原に大きな痛みがあるようには見えません。
しかし、居室の数カ所には雨漏りが発生しています。
屋根葺き替え工事
屋根の上に上がって調査をすると、経年変化での損傷が幾つか見られます。

屋根葺き替え工事
瓦材の溶け及び穴あき。
屋根葺き替え工事
瓦材の割れ。
屋根葺き替え工事
瓦止めの釘腐食
屋根葺き替え工事
瓦材の溶け及び欠け。
屋根葺き替え工事
板金の穴あき。
屋根葺き替え工事
板金の穴あき位置。

下から見ていたより状況は損傷が激しかったです。
お客様と打ち合わせし、河原を降しスレート鋼板葺きに改修することにしました。

屋根葺き替え工事in平塚1

平塚市内
築30年を超え雨漏りがしてきました。
現在の屋根材は瓦、調査の為屋根に上がり瓦をめくると下地が濡れて腐食していました。
瓦も部分的に経年変化により欠けや割れが目立っています。
捨て谷板金穴があき下地に雨が伝わるレベルでした。
思い切って、部分補修とせず、葺き替えることにしました。

和風瓦から新たに葺くのは「ケイミューのルーガ雅」
樹脂混入繊維補強軽量セメント瓦です。

完成をお楽しみに。

屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事
下地は濡れて腐食していました。
屋根葺き替え工事
捨て谷板金は穴があいていました。
屋根葺き替え工事
既存の瓦をすべて撤去します。
さあ、工事開始。

雨漏りの恐怖

伊勢原市
雨漏りの恐怖

雨漏りで危険な状況であることがまったく分からなかったお客様。
最初は、床下の防虫防蟻処理及び調湿材敷き込みの調査を依頼され、調査結果から始まった。

床下調査報告書
床下調査
床下調査
床下調査
床下調査
床下調査
床下調査
半年ほど前、とある信頼出来る機関から紹介されて来た業者様に、シロアリの消毒を行っていただいていました。
その業者様が半年点検で来られ、更に調湿材の敷き込みや床下換気扇等の追加工事提案をされ、その提案に迷われ、弊社に相談がありました。

弊社の点検した状況報告が上記写真になります。

点検結果に、かなり驚愕しました!!

それは!!

半年前にシロアリ消毒工事を実施しているのに、床下にはかなり多くの木材のゴミが目についたこと。
何故、シロアリの餌となるような木材破片などを放置してあるのか。
片づけてあげなさいよ!。

そして、本題。
腐食で土台が崩れている個所がある。
間柱(この時点では間柱と思っていましたが、後とんでもない柱と判明)も土台と連結部が腐食して崩れていました。
腐食部を触ると多少の湿気を感じる。
まさしく漏水によるものと推測できました。

該当部分の破壊調査と、その原因を解明そして対応するご提案までさせていただきました。

雨漏り 構造腐食
土台、柱の腐食が見られた、外壁位置部分の写真ですが、見た目では全く分かりません。
雨漏り 構造腐食
拡大すると外壁の割れが大きく目立ち、外壁が外に膨らんでいます。
外壁に物干し用テラスの垂木と外壁の取り合いも危険。
雨漏り 構造腐食
また、片引き戸の開閉方向が、物置側に入っていることも危険。

雨漏り 構造腐食
外壁割れ部分を破壊。
嫌な予感はビンゴ!
雨漏り 構造腐食

雨漏り 構造腐食
最悪な状況でした。

内側からも破壊調査。
雨漏り 構造腐食

雨漏り 構造腐食
間柱の腐食だと思っていたものは、昔使われた大黒柱。
欅(ケヤキ)の9寸(約30センチ)角でした。
このケヤキに大きな梁が乗っていますので構造上大きな役割を果たしているのです。
雨漏り 構造腐食
床下調査で間柱の一部腐食が確認できた正体です。
雨漏り 構造腐食
床下調査で土台の腐食が確認できた正体です。
原型がありません。

このケヤキの大黒柱を撤去するわけには行きません。
横に基礎を打ち、抱き合わせる構造で大きな梁を支えるようにしました。
柱は檜の9寸角。
雨漏り 構造腐食
3人がかりで手起こし作業。
雨漏り 構造腐食
腐食した土台も入れ替え内部はいったん安全を保ちます。
外部が問題。
梁も腐食が激しく、ほとんど外壁で持たせている状態でしたので、外側に新たな梁の厚み分膨らませ基礎打ち、柱建て梁乗せで構造強度を新しい方に逃がす提案にしました。
雨漏り 構造腐食

雨漏り 構造腐食
隣接する物置の屋根も貫通させ基礎打ち、柱建て。

雨漏り 構造腐食
住宅の外壁を造る下地作業と同じ工程にて、モルタル下地の状態です。

雨漏り 構造腐食
新たな梁の分、外壁は厚みがでましたが、安心安全には変えられません。
物置の前にあったテラスを新設復旧すれば完成です。
片引き戸は既存を左右吊元変更の加工をし、物置側には引き込まないように工夫しました。

雨漏り 構造腐食

雨漏り 構造腐食
新設したテラスの構造材をキシラデコール塗装して、ポリカ屋根材を貼り完成です。

お客さも工事の一部始終を確認され、一安心していただけました。
弊社に声を掛けなければ、ずっとわからずじまい。
大きな事故につながる前に対応してくれて本当に良かったと、お喜びの声も頂きました。

よかった。よかった。