新着情報

ベッドサイド水洗トイレ

ベッドサイド水洗トイレ TOTO製品
平塚市
神奈川県さがみロボット特区の生活支援ロボットとして、平成30年度は導入支援補助金が受けられました。(現在申し込み受け付けはされていません。)
また、介護保険の福祉用具購入補助金の対象商品二もなっています。
ロボット導入支援補助金と介護保険福祉用具購入補助金の併用はできません。

TOTO製品である「ベッドサイド水洗トイレ」をご存知でしょうか。
弊社では多くの実績がある施工例です。

ポータブルトイレの水洗はありますが、いずれも排泄物の処理に介助者が苦労されます。
その点、「ベッドサイド水洗トイレはその名の通り固定していない水洗トイレなのです。
排泄物を粉砕し圧送して排水管から流れていく。当然給水設備も、電気も配線工事も行いますので、一般の水洗トイレと何ら変わることなく使用できるのです。

ポータブルトイレを使用している利用者様、ご家族様は是非参考にしてください。

ベッドサイド水洗トイレ 
一般的に使われているポータブルトイレです。
このポータブルトイレの代わりに「ベッドサイド水洗トイレ」を設置致します。

ベッドサイド水洗トイレ 
排水管を床下よりつなぐ施工を致します。
隣接した和室の床下点検口から排水管を入れ、ベッドサイド水洗トイレを置く近くにふかし壁を造作で作り、そこに排水管、給水管等をつなぎます。
ベッドサイド水洗トイレ 
排水管の端末は、既存トイレの排水管に接続させ、汚水桝へと流れていくようにいたします。
ベッドサイド水洗トイレ 
給水は、近くに備えてあった給湯器経路から分岐で室内に送り込みます。
ベッドサイド水洗トイレ 
電気配線も屋外防水コンセントより分岐して室内に送り込みます。
ベッドサイド水洗トイレ
このボックスが、造作施工するふかし壁となります。
ふかし壁の中に、排水管、給水管の接続がされております。
当然水洗トイレなので、便座の暖房や洗浄機能を使うためにコンセントも近くに設置します。
ベッドサイド水洗トイレ 
完成です。
給排水ホースは2メートルありますので、その範囲内であれば簡単にトイレを移動できます。
ベッドサイド水洗トイレ 
このポータブルトイレが
ベッドサイド水洗トイレ 
このように水洗トイレになるのです。

これで介助者様のご苦労も減り、また、臭いななどの問題も解消できました。

ご用命ありがとうございました。

玄関アプローチと勝手口階段手摺

玄関アプローチと勝手口階段手摺
大磯町 介護保険住宅改修工事適用

玄関アプローチ手摺 施工前
玄関アプローチ手摺 
直線形状ではなく、植え込みを避け角度を振って取付けるご提案を致しました。

勝手口階段手摺 
勝手口は通路面の間口が狭い為、固定する場所をサイドにするようにご提案致しました。

玄関アプローチ手摺 
 
玄関アプローチ手摺 

玄関アプローチ手摺 
植え込みを避け、コンクリートのアプローチへ下りられる工夫です。

勝手口階段手摺 

勝手口階段手摺 
サイドに固定することで、通路面の間口を確保できます。
また、中段に手摺材を追加しているのは、補強と落下防止の為です。

ご用命、ありがとうございました。

惜しまれる 屋外ステップ

惜しまれる 屋外ステップ

イズミ株式会社の屋外ステップ(2段用・3段用)商品が製造中止となりました。
オーダー製作が可能で、とても良い商品でしたので残念でなりません。
構成している主要の材料はアルミ材で、ビジュアルもかっこよく本当に良い商品。
蹴上げの高さはもちろんのこと、室内床との収まり方法や手摺の高さまで現場に合わせられた商品なので、是非復活を願ってやみません。

屋外ステップ 屋外ステップ 
他メーカー同様商品に比べたら、デザインも柔軟性も優れています。

屋外ステップ 
ベースコンクリートを打ち、商品をアンカーボルトで固定します。
屋外ステップ 
左右2箇所、合計4箇所をアンカーボルトで固定。
屋外ステップ 
敷き砂利を戻してナチュラルな仕上げに。
屋外ステップ 
当然介護保険住宅改修工事 段差解消の適用でした。
利用者様も安心して使える屋外スッテプ。

施工させて頂いた数多くの利用者様には、大変喜ばれております。
お願いです。
復活を検討してください。

LDK と 和室の改修

LDK(リビング・ダイニング・キッチン)と和室の改修工事
茅ヶ崎市

LDKと和室全体のスペースは増やす事が出来ない為、現在の空間を有効利用する。
LDKリフォーム
物もだんだん増えていき収納場所もなくなる。
空間利用には限度がるので、リフォームきっかけに、「いざ、断捨離!」
お客様もリフォームの機会に、断捨離の決意。
日本人ならやはり「もったいない、まだ使うかもしれない、まだ使える」の気落ちはみんな同じ。
でも思いっきり不要な物は捨てるという覚悟が出来たようです。
キッチンリフォーム
手前に大きくそびえる冷蔵庫。
食卓テーブルが置けず、リビングのテーブルを兼用。
和室リフォーム
リビングに隣接する和室。
この和室にも荷物がいっぱい。
その中での寝室使用は危険です。
大きな地震が来れば、家具の下敷きにでもなりかねない。

和室リフォーム
実家から運んできた大きな仏壇。
この仏壇も収まるスペースが無い現状。

LDKリフォーム
荷物を全て運び出し、不要な物は断捨離決行。
LDKに隣接する和室の壁を一部解体していきます。
LDKリフォーム
一部解体した壁は和室側に奥行きを広げ、家電収納スペースを作ります。
和室リフォーム
和室の内装も解体していきます。
キッチンスペースとの境界壁になっていた場所には新たに押入を作ります。
和室リフォーム
既存の押し入れも解体。
押入内部の構成を変えていきます。
和室リフォーム
仏壇はご先祖様が誇りを被らないようにしっかり養生。
この仏壇のスペースが元の押し入れの半分。

LDKリフォーム
I型キッチンの周りは壁面が少なく収納あるいは家具などは配置できない。
そこで、1箇所の掃出しサッシをヶ紅変更します。
LDKリフォーム
キッチン撤去。
給排水の切り回し工事を行い、掃出しサッシも壁に変更します。
LDKリフォーム
掃出しサッシを塞ぎ、下地造作とともに断熱材も入れました。

さて、1か月程の工期の中でLDKと和室はどうなったのでしょうか。
リフォームの完成です。

和室リフォーム

和室リフォーム

和室リフォーム
新しくなったたたみの香りがとてもいい匂い。
物も整理できゆっくり休めるお部屋が出来ました。

LDKリフォーム
キッチンはホワイト系の色を選択して明るくしました。
LDKリフォーム
背面収納も設置してその奥に冷蔵庫を配置。
背面収納の前には食卓テーブルを置く予定です。
背面収納の上部は両面ハッチ型でどちらからでも出し入れOK。
LDKリフォーム
和室の一部を削って家電収納のスペースに。
キチン周りにあった家電や食器類は全て収納に収まりました。
LDKリフォーム
リビングにもパソコン、家事テーブルを造り、露出されていた物も収納BOXへ。
限られた空間の中でのリフォームですので、パーフェクトに要望をかなえる事は無理かもしれませんが、お客様は十分満足して頂きました。

ありがとうございました。

階段手摺取付 和風住宅

階段手摺取付 平塚市

介護保険住宅改修適用工事

和風住宅。
内装も木の仕上げ材を使いこだわりもある住まい。
手摺材もそこに調和するものを選びました。
階段手摺 
壁の仕上げは写真で分かる通り、木の香りが漂ってきそうです。
階段幅も一般的な幅より広く両側に手摺を取付けても狭さを感じません。

階段手摺 
手摺材はクリア色を選択し、壁の羽目板と調和するようにしました。
階段手摺 
飾り窓の出面を合わせるのに少し苦労致しました。
階段手摺 
出面を合わせ、90度の曲り。
金物の構成と知恵をしぼって取付。
けっこう細かいところを計算しております。
連続性のある手摺になるようにご提案いたしました。

階段手摺 
お怪我の無いよう昇降頂き、リハビリもかねて手摺を使っていただければ幸いです。

ありがとうございました。