新着情報

店舗 コロナ対策間仕切りリフォーム

神奈川県中郡大磯町 店舗 コロナ対策間仕切りリフォーム

大きく新型コロナウィルス感染症の影響を受けていた飲食業。
一歩一歩、独自に工夫を凝らし国や行政のルールを守りながら努力をされているオーナー様には、心よりエールを送りたい。そして、私たちの分野でお手伝いできることを提供していきたい。

数年前に新築工事をお請けしたお客様。
店舗併用住宅 「ギャラリーさざれ石&カフェあおばと」様
ギャラリー空間は9月まで自粛されるそうです。
カフェは飛沫感染防止対策として、カウンターに間仕切りを設置して再開されるとのこと。

コロナ対策間仕切り
無垢のウォールナット材カウンター。
このカウンターに、やたらとビスや釘を打ちたくない。
だからと言って、簡易的なビニールシートを貼るのもお店のイメージに合わない。

どうしようか?

閃いた!!

コロナ対策間仕切り
カウンターに傷をつけずに造る。
木材枠にアクリル板をはめ込み、枠はカンターに馴染む色で塗装。
固定は?
コロナ対策間仕切り
小さめの万力を利用して倒れ防止で固定。
不要になった際には簡単に取り外し可能。
コロナ対策間仕切り

コロナ対策間仕切り

コロナ対策間仕切り

コロナ対策間仕切り

コロナ対策間仕切り
ギャラリーは展示テーブルを使ってカフェ利用できるように。
コロナ対策間仕切り
展示物によって折りたためるテーブルを予め造作しておいたので、これをカフェテーブルに利用することに。

まだまだ予断は許せませんが、やれることをみんなで協力し、頑張って乗り越えましょう!

水廻り交換リフォーム

平塚市 水廻り交換リフォーム

老朽化した水廻りの住宅設備品を入れ替える。
それぞれの住宅設備品はご夫婦で何度もメーカーショールームに足を運び選択いたしました。
自分たちの思いや住まいに合う商品。
その機能、使いやすさ、快適性。
ひとつひとつをチェックされ納得のいく商品選びをされました。

浴室リフォーム(在来浴室をユニットバスにリフォーム)
洗面化粧台リフォーム
キッチンリフォーム
トイレリフォーム(段差解消を同時に行いバリアフリー仕様に)

浴室リフォーム
大きな出窓サッシは改修して高さを変更する必要があります。

浴室リフォーム
新しくするユニットバスにも暖房乾燥換気機能を取付けます。

浴室リフォーム
在来浴室をユニットバスにリフォーム。
出入り口の段差は解消しバリアフリーに。

浴室リフォーム
選択されたのは、タカラ「レラージュ」

浴室リフォーム

浴室リフォーム
出窓は今までと比べると少し小さくなりましたが、十分明るさを保てます。

洗面化粧台リフォーム
浴室と隣接する洗面化粧室。洗面化粧台の交換。

洗面化粧台リフォーム
選択されたのは、TOTOの「オクターブ」

洗面化粧台リフォーム
クロスやクッションフロアーの張替も行ったため、全体が明るいイメージになりました。

洗面化粧台リフォーム
壁の半埋め込み型収納は既存商品をそのまま活かせました。

キッチンリフォーム
キッチンリフォーム。

キッチンリフォーム
対面式キッチンのスタイルは変えず、設備品及び内装仕上げ材を新しくします。

キッチンリフォーム

キッチンリフォーム
背面収納も同時に交換します。

キッチンリフォーム
選択されたのは、パナソニック「Lクラス」

キッチンリフォーム
電動昇降する食器乾燥機付き。
こだわりは、昇降時真下にある水栓。
タッチ水栓仕様ではあるが、パナソニックの標準装備では昇降時に反応してしまう可能性があると言う点。
また、センサー感知位置が水栓上部にあることから、KVKのタッチ水栓に入れ替えました。

キッチンリフォーム

キッチンリフォーム
背面収納(家電収納)はご家庭で使われる家電の種類や食器の量など、最初に想定されておくのが良いですね。

洗面化粧台リフォーム
キッチン裏にもユーティリティーに洗面化粧台があります。
この化粧台も交換します。

洗面化粧台リフォーム
カウンタータイプの化粧台です。

洗面化粧台リフォーム
選択されたのは、TOTOの「エスクア」

洗面化粧台リフォーム

洗面化粧台リフォーム
やはり明るくなりました。

トイレリフォーム
トイレもリフォーム。

トイレリフォーム
トイレ床は廊下より1段上がっています。
床はバリアフリーに改修します。

トイレリフォーム
選択されたのは、TOTO「レストパル」

トイレリフォーム
床はバリアフリーになりました。

住宅設備品の総入れ替えリフォームと共に、内装リフォームもお請けさせて頂きました。
住みながらのリフォームでしたので、お客様へストレスを与えてしまったのではないかと思いますが、
いつも笑顔で対応して頂き、無事に完成までに至りました。
心より感謝申し上げます。
また、完成された設備品を使用して頂きとても喜んで下さり、私どもも嬉しく思っております。

ご用命ありがとうございました。

介護リフォーム 通路面材の変更

介護リフォーム 通路面材の変更

通路面材の変更 
和庭の玄関アプローチ。
鉄平石や飛び石をレイアウトしお洒落に和風イメージを演出する玄関アプローチですが、高齢や病気、障害により体が変化していくと、日常生活動作に支障が出てきます。
ビジュアルより実用的になる改修として、通路面材を変更し、躓く原因を少なくしていく。
そして、現状のイメージを残し大きく変化させない。

通路面材の変更 
アプローチを平滑なタイルに変更しました。
そして通路の障害を無くしました。
通路面材の変更 
通路面材の変更 
通路幅の変更と手摺位置の変更。
和のイメージを残しつつ、最低限必要な足元の障害を取り除く。

通路面材の変更 
通路面材の変更 
少し歩きやすくなりましたね。

通路面材の変更 
アプローチ階段の蹴上高を軽減しました。
蹴上の高さが大きと転倒や躓きの原因になりやすいのです。
お怪我の無いようにお過ごしください。

ご用命ありがとうございました。

介護リフォーム 車いす生活 外出編

神奈川県 介護リフォーム 車いす生活 室内編
介護保険住宅改修工事適用
※障害手帳(下肢不自由)1級または2級認定の場合、自治体ごとの住宅改造助成金の適用が有ります

車いすでの生活をする場合、日本の住まいは空間が狭く非常に使いづらい設計が多い。 利用者様のライフスタイル、同居家族、介護状況等を考えたうえで、日常生活における優先順位を検討する必要が有ると思います。
・排泄
・食事
・外出
・入浴
・くつろぎ
・来客
様々シーンを考え利用者様の自立支援につながるような提案が出来ればベストです。

その中でも、排泄は誰もが最後まで自立したい行動ではないでしょうか。 前回はその排泄における改修事例をご紹介いたしました。続いて、外出編を紹介いたします。

介護リフォーム スロープ 
現在の寝室前、お庭の様子です。
車いすでの外出は玄関からではなく寝室から直接行えるように提案いたしました。

介護リフォーム スロープ 
庭を奇麗に片付け、寝室前にウッドデッキ及びスロープを構成して、車いすで外出できるようにします。
庭の真ん中に立つ、アルミテラスの柱が邪魔になる為、馬ばり用アルミ角柱を利用して、境界まで延ばしました。これでウッドデッキが構成しやすくなります。

介護リフォーム スロープ 
寝室前にはウッドデッキを造ります。
天気の良いにはウッドデッキへ出て、さわやかな風を感じ、きれいな空気を吸う。

介護リフォーム スロープ 
駐車スペースも広げ、車を降りたらコンクリートスロープを昇り、ウッドデッキへ。

介護リフォーム スロープ 
コンクリートスロープとウッドデッキの融合です。

介護リフォーム スロープ 

介護リフォーム スロープ 

介護リフォーム スロープ 
寝室から目の前に広がっていた庭は、ウッドデッキに替わりました。
デッキにテーブルでも置けば、お友達とおしゃべりしながらお茶も飲める。
新たな生活シーンを演出します。

介護リフォーム スロープ 
寝室からの出入り口。
サッシの枠があるため、そのままでは車いすの車輪が引っ掛かり苦労してしまします。

介護リフォーム スロープ 
このようにサッシの溝に車輪(特に小さな前輪)が引っ掛かりやすくなります。

介護リフォーム スロープ 
そこで、脱着式の溝カバーを造りました。

介護リフォーム スロープ 
出入り時に被せるだけ。
紐を付けて、車いすからでも簡単に操作できるようしました。

介護リフォーム スロープ 
スロープ勾配は約12分の1。
介助であればご家族でもご支援いただけます。

介護リフォーム スロープ 

介護リフォーム スロープ 
家族やお友達は階段から昇降することもできます。

きれいな花や緑は減ってしまいましたが、限られた敷地を有効利用して、これからの生活がより快適になるよう、また、利用者様の自立支援につながるよう心を込めてお手伝いさせて頂きました。

ご用命ありがとうございました。

介護リフォーム 車いす生活 室内編

神奈川県 介護リフォーム 車いす生活 室内編
介護保険住宅改修工事適用
※障害手帳(下肢不自由)1級または2級認定の場合、自治体ごとの住宅改造助成金の適用が有ります

車いすでの生活をする場合、日本の住まいは空間が狭く非常に使いづらい設計が多い。
利用者様のライフスタイル、同居家族、介護状況等を考えたうえで、日常生活における優先順位を検討する必要が有ると思います。
・排泄
・食事
・外出
・入浴
・くつろぎ
・来客
様々シーンを考え利用者様の自立支援につながるような提案が出来ればベストです。

その中でも、排泄は誰もが最後まで自立したい行動ではないでしょうか。
その排泄における改修事例をご紹介いたします。

介護リフォーム,車いす生活, 
利用者様の寝室を、この和室と決めました。
本人とご家族また介護・医療スタッフと共に検討し、この場所を寝室として改修していきます。
さて、トイレはどこへ??

介護リフォーム,車いす生活, 
床の間の裏は廊下、廊下を挟んで現在のトイレがあります。
階段下の空間なので、とても車いすでは自立できません。
介護リフォーム,車いす生活, 
廊下の左側扉が現在のトイレ、奥が洗面脱衣所と浴室になります。
介護リフォーム,車いす生活, 
これでは車いすから便座へ移乗は無理です。

改修プランについては、本人とご家族の同意を得て床の間を撤去し廊下を遮断させることで、寝室から車椅子で移動できるようにいたしました。
床の間の解体にあたっては、利用者様からひとつ強い要望を頂きました。
「亡き夫がとても気に入っていた床柱をどこかに使ってほしい」。
どこか見えるオブジェで利用することをお約束して改修することにいたしました。

介護リフォーム,車いす生活, 
床の間と既存の壁、トイレを撤去して一つの空間を造ります。

介護リフォーム,車いす生活, 
さて、どうなったのでしょうか。
介護リフォーム,車いす生活, 
床柱は移動や移乗に影響の無い場所にどうどうと鎮座させました。
お約束どおり。再利用です。
介護リフォーム,車いす生活, 
洗面化粧台は車椅子で使用できるタイプを選択。
TOTO マーブルライトカウンター
介護リフォーム,車いす生活, 
そのまま、引き戸を開ければ、今までの洗面脱衣所と浴室につながる。
車いすでも移動は可能です。
介護リフォーム,車いす生活, 
和室の床は畳からフローリングに変更し、介護ベッドを設置。
トイレ入口は引き戸なので車椅子でも楽々。
介護リフォーム,車いす生活, 
襖を開ければ台所にも移動可能。
出入り口は段差解消して車いすでの移動に対応しています。
介護リフォーム,車いす生活, 
住まいの中はこれでひとまず安心。
後は外出方法を考えます。

次回予告
介護リフォーム 車いす生活 外出編