Posts tagged "便器の変更"

介護用トイレ新設工事

南足柄市 介護用トイレ新設工事

介護用トイレ新設 
階段下の収納スペースを利用して、隣接する寝室にから直接入れるトイレを新設する。
ご家族やお客様のトイレは今まで通り別の場所にあり、新設するトイレは利用者専用のトイレになる。

トイレの他、廊下のバリアフリー化、洗面浴室、居室スペースも含め、改修工事をお請けさせて頂いた。

介護用トイレ新設 
元々の階段下収納の入り口は壁でふさぎ、隣接する寝室側から壁を開口しました。
建具は入れずオープンスタイルです。
急な排泄、トイレの位置確認等利用者様にはメリットがあります。

介護用トイレ新設 
腰壁部分にはパネルを張り、排泄での後始末や掃除を容易にしました。
欲を言えば、ユニット型のトイレを設置する方がいいのですが、階段下では収まらない。
ならば、排水設備を設けて水かけでの掃除をとご提案申し上げましたが、総合的な予算も考えこのような仕様でまとまりました。

介護用トイレ新設 

介護用トイレ新設 
階段下の段板がのぞけています。
ベニヤむき出しでしたので壁に合わせホワイト色で塗装しました。

介護用トイレ新設 
今まで利用していなかった、新設された反対側の階段下空間を新たに収納にしました。
階段の昇り始めなので高さは取れないが小物なら収納できます。

介護用トイレ新設 
量的にはさほど入りませんが、玄関側から使えるので、ちょっとしたものは収納できます。

介護用トイレ新設 
利用者様は寝室内にトイレが完成、安心して直ぐに移動、排泄が出来るようになったことで、精神的負担の軽減につながったと思います。
また、介助されていたご家族様にとっても、移動、排泄介助の精神的負担は同じように軽減されたはずです。ちょっと他空間を利用することで在宅介護での苦労も変わるはず。
私たちはそのお手伝いをこれからも続けていきます。

ありがとうございました。

水廻り リフォーム

鎌倉市

水廻りリフォーム (浴室、洗面所、トイレ)
各所出入り口廊下バリアフリー工事(段差解消)
手摺取付工事

主たる目的は同居する高齢の母親の為に、バリアフリーを基本とした水廻りのリフォームをお請けいたしました。
介護保険住宅改修工事 助成金の20万円(上限枠)適用

打ち合わせの段階で、あらかじめお客様にお伝えしていたことがありました。
築年数の経過を判断し、水廻り部位を解体した時に、構造材がシロアリや腐食を受けている可能性があります。と言うお藩士をしておりました。何もなければいいのですが・・・

早速、浴室を解体していくと。
水廻りリフォーム 
やはり、最初にお伝えしていたことが的中してしまいました。
水廻りリフォーム 
シロアリにも食われていた土台の拡大写真です。
水廻りリフォーム 
構造材の腐食は土台から窓廻りの構造材にも影響を及ぼしていました。
こういう状況はある程度想定の範囲です。
水廻りリフォーム 
土台の入れ替え。新設。
水廻りリフォーム 
窓廻りの腐食した構造材の入れ替え。
入口の土台も、間柱もあらゆる箇所が腐食を受けていました。
腐食した構造材は全て入れ替えて、ユニットバスを組み込みます。

水廻りリフォーム 

解体前の既存状況です。
この状況で、下地が腐食しているとは誰も判断できませんよね。
築年数20年を経過し、定期的な床下消毒工事をしてこないと、このような状況になる可能性は非常に高いと言えます。

水廻りリフォーム 
水廻りリフォーム 
ユニットバスは、通常の規格寸法では無駄が出てしまいますので、タカラさんの「レラージュ」ぴったりサイズをご提案いたしました。これで安心してお母様も入浴できるようなります。

水廻りリフォーム 水廻りリフォーム 

洗面所もトイレも新しくなりました。
水廻りリフォーム 水廻りリフォーム 
洗面化粧台はタカラさんの「ファミーユ ルームヒーター付」を提案いたしました。
冬場のヒートショックを考え、洗面所も暖かく、ヒーターは吊戸棚中央付近から温風が出てきます。
水廻りリフォーム 
中央付近に網格子がありますが、ここから温風が出てきます。
操作はリモコン操作。

水廻りリフォーム 
水廻りリフォーム 
節水型のトイレに変更しました。

その他にも、廊下の床かさ上げ工事や手摺の取付工事を行い、お母様の生活動線、特に水廻りへの動線を考慮しリフォームさせて頂きました。ありがとうございました。

水廻り リフォーム

鎌倉市

水廻りリフォーム (浴室、洗面所、トイレ)
各所出入り口廊下バリアフリー工事(段差解消)
手摺取付工事

主たる目的は同居する高齢の母親の為に、バリアフリーを基本とした水廻りのリフォームをお請けいたしました。
介護保険住宅改修工事 助成金の20万円(上限枠)適用

打ち合わせの段階で、あらかじめお客様にお伝えしていたことがありました。
築年数の経過を判断し、水廻り部位を解体した時に、構造材がシロアリや腐食を受けている可能性があります。と言うお話をしておりました。何もなければいいのですが・・・

早速、浴室を解体していくと。
水廻りリフォーム 
やはり、最初にお伝えしていたことが的中してしまいました。
水廻りリフォーム 
シロアリにも食われていた土台の拡大写真です。
水廻りリフォーム 
構造材の腐食は土台から窓廻りの構造材にも影響を及ぼしていました。
こういう状況はある程度想定の範囲です。
水廻りリフォーム 
土台の入れ替え。新設。
水廻りリフォーム 
窓廻りの腐食した構造材の入れ替え。
入口の土台も、間柱もあらゆる箇所が腐食を受けていました。
腐食した構造材は全て入れ替えて、ユニットバスを組み込みます。

水廻りリフォーム 

解体前の既存状況です。
この状況で、下地が腐食しているとは誰も判断できませんよね。
築年数20年を経過し、定期的な床下消毒工事をしてこないと、このような状況になる可能性は非常に高いと言えます。

水廻りリフォーム 
水廻りリフォーム 
ユニットバスは、通常の規格寸法では無駄が出てしまいますので、タカラさんの「レラージュ」ぴったりサイズをご提案いたしました。これで安心してお母様も入浴できるようなります。

水廻りリフォーム 水廻りリフォーム 

洗面所もトイレも新しくなりました。
水廻りリフォーム 水廻りリフォーム 
洗面化粧台はタカラさんの「ファミーユ ルームヒーター付」を提案いたしました。
冬場のヒートショックを考え、洗面所も暖かく、ヒーターは吊戸棚中央付近から温風が出てきます。
水廻りリフォーム 
中央付近に網格子がありますが、ここから温風が出てきます。
操作はリモコン操作。

水廻りリフォーム 
水廻りリフォーム 
節水型のトイレに変更しました。

その他にも、廊下の床かさ上げ工事や手摺の取付工事を行い、お母様の生活動線、特に水廻りへの動線を考慮しリフォームさせて頂きました。ありがとうございました。

和式トイレから洋式トイレに変更

小田原市 介護保険住宅改修工事適用
和式トイレから洋式トイレに変更

和式トイレから洋式トイレに変更
木造2階建て、2階部分の汽車便タイプの和式トイレを洋式トイレに変更しました。
和式トイレから洋式トイレに変更

和式トイレから洋式トイレに変更
介護保険の住宅改修工事ではできなかったことをできるようにする。
利用者様の自立支援が最大の目的となります。
上限も20万円と定められておりますので、超えた部分は実費の扱いになります。

そこで、一般のリフォームとの違い、目的を達成させ且つコストパフォーマンスに努めることも必要な場合もあります。(目的外の箇所は費用を掛けない工夫)

コストパフォーマンスの工夫
1、内装工事(壁・天井のリニューアル)については、解体にともない干渉する最低の部位までを行う。
 壁クロスの仕上げは、窓から下部分に限定し、天井も既存利用。
2、照明器具は既存利用
3、ドアは既存利用
4、ペーパーホルダー既存利用(移設)

リフォームとなると改修箇所の全てを新しくしたくなるところですが、上記のように必要外の部分を工夫すればコストパフォーマンスにつながると思います。

和式トイレから洋式トイレに変更

茅ヶ崎市 N様邸 和式トイレから洋式トイレに変更工事

介護保険住宅改修補助金対象工事です。
和式トイレから洋式トイレに変更

和式トイレから洋式トイレに変更
床、壁のタイル部分を改修して、壁上部、天井は既存のままでの改修です。
メリットは内装費用分のコストダウン。
和式トイレから洋式トイレに変更

和式トイレから洋式トイレに変更
座位からの立ち上がり用に縦手摺を取付。