Posts tagged "床材の変更"

玄関ポーチ段差解消(スロープ工事)

平塚市 介護保険住宅改修工事適用

和風住宅のアプローチに多く使われてきた飛び石。
和のイメージも良く、見栄えのするものでした。
しかし、介護保険を利用するようになるとその飛び石も少なからず障害になってしまうケースもあります

玄関スロープ 
飛び石のイメージは残しながら、必要最小限でスロープを造ります。

玄関スロープ 
隣地境界側に最小限のスロープを造り、飛び石は残していきます。
玄関スロープ 

玄関スロープ 

玄関スロープ 
完成です。
万が一に備え、車椅子でも通過可能な最小幅で施工いたしました。
玄関スロープ 
仕上げ材は、四国化成の樹脂舗装材。
雨の日でも滑りにくい材料です。
飛び石はスロープの形状に沿ってレイアウトし直しました。

ご用命ありがとうございました。

床材の変更工事

平塚市 介護保険ん住宅改修工事適用 床材の変更工事
畳からフローリングに変更

茶の間で使っていた4畳半の和室をご利用者様の寝室に替え介護ベッドを置く。
この部屋を寝室にすることにより、水廻りや玄関への動線が短くなる。

床材の変更工事 
畳をフローリングに変更して、正面の掃出し木製窓を腰窓に変更します。

床材の変更工事 
これは、介護ベッドの幅約1メートルを設置すると窓にかかってしまいます。
開閉も不便になる為、窓の大きさを変える提案をさせて頂きました。

床材の変更工事 
入口の硝子戸も交換して敷居撤去することで床をバリアフリーで仕上げます。

内壁や天井等介護に不必要な個所は現状のままにします。
これはコストダウンで割り切りましょう。

床材の変更工事 
これで介護ベッドも置きやすく、且つ歩行器での歩行も楽になります。

床材の変更工事 
正面の掃出し木製窓は腰窓に交換しました。
介護用ベッドを置いても落ち着きます。

床材の変更工事 
腰窓に替える前の外からの状況。
これを

床材の変更工事 
こんな感じで納めました。

床材の変更工事 
入口の建具も交換し、壁にはテレビ掛けの金具を取り付けて床に置かないようにしました。
4畳半ですからベッド廻りには必要な物以外は置かない工夫も大事です。

床材の変更工事 
敷居を撤去してバリアフリーにすることで、歩行器での移動は楽になります。

プラス 玄関框の手摺と踏み台も設置しました。
玄関框手摺と踏み台 

あとは、福祉用具の担当者様にベッド他必要な物をそろえて頂き、ご帰宅を待つばかりです。

ご用命、ありがとうございました。

ベッドサイド水洗トイレと和室改修

伊勢原市 ベッドサイド水洗トイレと和室改修工事

お母様の介護のため和室を全面改修する工事をお請けいたしました。
1.和室を洋室にする全面改修
2.ベッドサイド水洗トイレの設置

和室から洋室に変更

和室から洋室に変更
床、壁、天井含め、全てを洋室に改修します。
和室から洋室に変更
床の間にあった床柱を撤去した為、上には補強梁を入れました。
和室から洋室に変更
床も天井も剥がし、下地から組み直します。
ベッドサイド水洗トイレを設置する予定場所には、あらかじめ給水・排水の切り回し工事を行っております。
和室から洋室に変更
床には断熱材を入れフローリング仕上に。
壁・天井は石膏ボード下地にクロス仕上げになります。
床の間や押し入れだったスペースには、新たに空間を広げたっぷりの収納を設けます。
出来るだけ「木の雰囲気」が味わえる仕上げに。

和室から洋室に変更
フローリング仕上に、腰壁は無垢のパイン材。
ベッドサイド水洗トイレも設置致しました。
和室から洋室に変更
少々暗いイメージがあった和室ですが、明るく広々とした空間の洋間に生まれ変わりました。

介護保険住宅改修工事 滑りにくい床材の変更(畳からフローリングへ)
上限20万円適用
ベッドサイド水洗トイレ
ベッドサイド水洗トイレ
ベッドサイド水洗トイレはTOTOの画期的な介護ロボット。
弊社では、既に何台も設置しておりますが、利用者様、ご家族様からは高い評価を頂いております。
ベッドサイド水洗トイレの横には、介護用ベッドを置き、その周りには必要なテーブルなども十分配置できるスペースがあります。また、必要に応じて介助するご家族様がご一緒に就寝されることも十分可能です。 

ベッドサイド水洗トイレは、給水排水工事もされていますので、普通の水洗トイレがベッドの横に置かれていると思ってください。しかも、接続ホースが2メートルの範囲で動きますので、トイレは移動可能です。
従来のポータブルトイレのように排泄物の片付けなどの作業は一切必要ありません。

介護保険福祉用具の購入 助成金上限10万円の適用があります。

和室から洋室に変更
収納は壁面いっぱいに造りました。
和室から洋室に変更
和室から洋室に変更
和室から洋室に変更
介護するときには、どうしても必要な物品が増えます。
部屋の中に十分な収納が備えてあれば不自由はありません。

和室から洋室に変更
天井に設置したのは、LEDのシーリングファン。
シーリングファンは冷暖房の効率を高めるエコ機能商品です。

利用者様にとって快適な自分空間が出来上がりました。
ご家族に感謝。
そして益々の自立を目指してください。

工事のご依頼ありがとうございました。

浴室・洗面所改修工事

東京都 A様邸 浴室・洗面所改修工事

改修工事内容
1、浴室改修工事
 1116サイズのユニットバスから1216のユニットバスへ交換
 介護保険住宅改修工事対象(建具・床材の変更、手摺取付部分のみ)

2、洗面化粧台の交換

3、電気温水器の交換

4、洗面所内装工事(床、壁、天井)

浴室改修工事

浴槽が深く、またぎも高い。
サイズはマンションのため1116サイズ。
入口の建具は内開きドアです。

介護認定を取得しているA様なので、介護保険住宅改修工事の補助金を申請しての工事です。
ユニットバスの交換工事として全体が補助金の対象になるわけではないので、その点は留意しておかなければなりません。
浴室改修工事

浴室改修工事
既存のユニットバスを解体していきます。
マンションの場合は、幅や奥行きに若干の余裕がある場合があります。
A様宅も同様で、現地調査において少し拡張できる空間があったので、今よりも大きめのユニットバスを導入します。
浴室改修工事

浴室改修工事

浴室改修工事
新設のユニットバスは、A様の希望で洗い場をよりシンプルにできるだけ凹凸を造らない仕様に致しました。

洗面化粧台交換

洗面化粧台交換工事
洗面化粧台はTOTOのリモデアを入れました。 

電気温水器交換工事

電気温水器交換工事
電気温水器は三菱の470リットルタイプ。

完成後、浴室改修工事について介護保険住宅改修工事支給申請手続きを完了させました。
補助金対象となる工事の範囲
1、入口建具の交換工事(内開きドアから折れ戸に変更)
2、滑りにくい床材への変更
3、手摺の取付

その他工事は全て自費扱いとなります。

 

浴室床材の改修

平塚市 K様邸 浴室床材の改修工事
介護保険住宅改修工事適用可 滑りにくい床材へ変更

浴室床材の変更
在来工法での浴室。
壁や洗い場の床はタイルで仕上がっています。
少し前、浴室の掃除をしている時、濡れたタイルに足を滑らせ転倒してしまったK様。
他でも良く聞く話である。
大きな怪我は無く一安心でしたが、滑りやすい床タイルは怖いです。
そこで、介護保険でも適用出来る滑りににくい床材への変更工事を提案いたしました。

改修で使用する床材はTOTOのグリップフロアです。

浴室床材の変更
既存の床タイルの上にカチオンを塗ります。
浴室床材の変更
カチオンが乾いたら下地用の砂とセメント。
下地が完成した後に速乾用セメントを塗っていきます。
浴室床材の変更
そして、仕上げのグリップフロアを貼っていきます。
浴室床材の変更
新しい床材、グリップフロアを張り上げたら目地を入れて完成です。
浴室床材の変更
水にぬれても渇きが早く滑りにくい床材です。
浴室床材の変更
今までのタイルよりも冷たさを感じませんので、冬場にも優しいフロアです。
浴室床材の変更
既存の洗い場段差は12センチほどありましたが、上に重ねて仕上げましたので、段差は6センチになりました。介護保険の住宅改修工事では床財の変更と共に段差の解消でも対応可能です。
浴室床材の変更
これでもう安心ですが、転倒にはくれぐれもお気を付けください。
ありがとうございました。