Posts tagged "建具の変更"

建具の変更

平塚市
介護保険住宅改修工事適用
建具の変更 浴室内開きドアから折れ戸に変更

建具の変更
介護が必要になったとき、浴室の内開きドアはどうしても使い勝手が悪くなります。
浴室内にシャワーチェアーを置くと、ドアの開閉に干渉する。
介助者が一緒に入ると、ドアの開閉に干渉する。
浴室内で転倒した場合、ドアを開閉し救助するのが困難。
など、不便な点はたくさん出てきます。

建具の変更

建具の変更

建具の変更
折れ戸にするだけで、使い勝手が断然よくなります。
万一、浴室内で転倒しても洗面所側から折れ戸をはず事も出来ます。
介助や介護には折れ戸や引き戸が理想ですね。

トイレまでの動線 (手摺・段差解消・建具幅及び吊元変更)

伊勢原市 K様邸 トイレまでの動線
手摺の取付、トイレ段差解消、建具幅及び吊元の変更

トイレ段差解消
トイレの出入り口には段差のある敷居。そして、建具の幅は60センチ以下と狭い。
写真右側からの進行してくると、建具の開き勝手は左右逆の方が入りやすくなります。
進行してくる廊下には手摺を取り付けて一連の動作が容易になるよう改修提案致しました。

トイレ建具の変更
建具幅と吊元の変更、段差の解消工事前です。
トイレ建具の変更
建具の幅も広がり、開閉の吊元も左右逆にしました。
トイレ段差の解消
10センチ近くあった敷居の段差を解消し、バリアフリーにします。
トイレの段差解消
万が一車椅子での生活になっても対応可能です。
トイレの段差解消
中の設備品や内装は既存のままで、建具の交換と見切り材及び取合いを補修しただけです。
トイレ手摺
既存の便器にプッシュアップで立ち上がるための手摺を取り付けました。
トイレ手摺
手摺は跳ね上げ式になっているので立ち座りに便利です。
手摺の取付
廊下には収納があり、この前に手摺が必要です。そこで、着脱式の手摺を提案いたしました。
手摺の取付
左右どちらからでも着脱可能です。
手摺の取付
写真左側の建具がトイレの入り口になります。
手摺の取付
奥の食堂まで手摺で誘導です。

おまけ
ご家族のために階段にも手摺を取り付けました。
手摺の取付
手摺棒の色は、既存の床や造作材の色に合わせ「ダーク色」にコーディネート。
補強板は壁クロスのホワイト色に同化するようにダーク色を使わずホワイト色でコーディネート。

健常者にとっても利用価値の高い手摺。
私も何気に手摺に捉まっていることが多い今日この頃です。

私は若い、健康だ!と思っている皆様も転倒には十分気を付けましょう!

浴室・洗面所改修工事

東京都 A様邸 浴室・洗面所改修工事

改修工事内容
1、浴室改修工事
 1116サイズのユニットバスから1216のユニットバスへ交換
 介護保険住宅改修工事対象(建具・床材の変更、手摺取付部分のみ)

2、洗面化粧台の交換

3、電気温水器の交換

4、洗面所内装工事(床、壁、天井)

浴室改修工事

浴槽が深く、またぎも高い。
サイズはマンションのため1116サイズ。
入口の建具は内開きドアです。

介護認定を取得しているA様なので、介護保険住宅改修工事の補助金を申請しての工事です。
ユニットバスの交換工事として全体が補助金の対象になるわけではないので、その点は留意しておかなければなりません。
浴室改修工事

浴室改修工事
既存のユニットバスを解体していきます。
マンションの場合は、幅や奥行きに若干の余裕がある場合があります。
A様宅も同様で、現地調査において少し拡張できる空間があったので、今よりも大きめのユニットバスを導入します。
浴室改修工事

浴室改修工事

浴室改修工事
新設のユニットバスは、A様の希望で洗い場をよりシンプルにできるだけ凹凸を造らない仕様に致しました。

洗面化粧台交換

洗面化粧台交換工事
洗面化粧台はTOTOのリモデアを入れました。 

電気温水器交換工事

電気温水器交換工事
電気温水器は三菱の470リットルタイプ。

完成後、浴室改修工事について介護保険住宅改修工事支給申請手続きを完了させました。
補助金対象となる工事の範囲
1、入口建具の交換工事(内開きドアから折れ戸に変更)
2、滑りにくい床材への変更
3、手摺の取付

その他工事は全て自費扱いとなります。

 

浴室住宅改修と福祉用具

介護保険助成制度による、浴室内住宅改修工事と福祉用具の購入

在来工法での浴室は床面がタイルで滑りやすく、また、和装浴槽がほとんどの為浴槽が深い。
床の滑りにくさや段差などを解消して、入浴しやすくする為にはどうしたらよいのか。
介護保険の住宅改修と福祉用具を併用して提案いたしました。
浴室改修と福祉用具

利用者様が入浴する際の、既存浴室での問題点
1、洗面脱衣所から洗い場床の段差
2、床が滑りやすく冷たい
3、浴槽のまたぎの高さ
4、掴る物がなく転倒の恐れがある
5、浴槽が深いため立ち上がりに苦労する
6、内開きドアの為介助者が一緒だと洗い場が狭く開閉が不便
こんな思いを経験されている方は数多くいらっしゃるかと思います。
では、どのように改修工事と福祉用具を併用すれば良いのでしょうか。

住宅改修工事で実施した内容
「内開きドアを折れ戸に変更」
浴室改修と福祉用具

浴室改修と福祉用具

浴室改修と福祉用具
これで6番の建具は解消できました。

「手摺の取付」
浴室改修と福祉用具
浴槽へのまたぎや浴槽からの立ち上がり、また、浴室の出入りにおいても有効に使えるようにしました。
これで4番の掴る物が無くて危険は解消されました。

今回の問題点解消における住宅改修工事適用は、「建具の変更」と「手摺の取り付け」です。

福祉用具の購入
「洗い場床の段差解消 すのこ敷き」
浴室改修と福祉用具

浴室改修と福祉用具

浴室改修と福祉用具

洗い場に高さ16センチに上げた、すのこを敷きました。
TOTOの「カラリ床」仕様のため滑りにくく冷たさもありません。
これで1番、2番、3番が解消されました。
段差解消なのに何故住宅改修では無く福祉用具の購入になるのかとご質問が出そうですが、すのこは置き式タイプで固定ではありません。その為、住宅改修工事には適用されません。

「浴槽内のすのこ」
浴室改修と福祉用具

浴槽内にも置き式のすのこを入れました。「ヤザキのオーダーすのこ」
これで5番が解決されました。これも福祉用具の購入にあたります。

参考
住宅改修工事助成金上限20万円 超えた場合は実費
福祉用具の購入助成金上限10万円 超えた場合は実費

助成金の負担は1割及び2割です。

車椅子生活 水廻り改修工事

茅ヶ崎市 K様邸 車椅子生活 水廻り改修工事

お取引先のケアマネージャー様より相談をお受け致しました。
K様は両下肢切断により車椅子生活を余儀なくされました。
加齢により上肢の筋力も衰えを隠しきれず、日常生活に欠かせない排泄や入浴、洗面に不便が生じます。

主たる改修目的
1、浴室の改修(車椅子でも入りやすく介助して頂くヘルパーさんの負担軽減)
週3日ヘルパーさんの介助により自宅浴室で入浴されています。しかし、洗面脱衣所は狭く、浴室の洗い場との段差もあり、本人も介助者も精神的不安や負担が大きい。浴槽にはTOTOのバスリフトを利用されておりますが、車椅子からバスリフトへの移乗は、オーダーで簡易移乗台を作成し利用しておりました。

2、洗面所の改修(車椅子でも自立で洗面身だしなみ、そして洗濯機の作動が出来るように)
現在の洗面所スペースは狭く、車椅子では洗面台正面に体が向かない、車椅子を横付けにして利用するしかなかった。また、洗濯機までは車椅子で入っていけない

3、トイレ改修(車椅子でも家族共用のトイレで排泄したい)
現在は、ベッド横にポータブルトイレを置いて利用していたが、排泄物の処理はヘルパーさんや家族に介助してもらっていた。家族共用トイレは廊下からの段差が大きく、車椅子では入れない状態。

K様が利用できる助成金
重度障害者住宅改造助成金 上限80万円
介護保険住宅改修工事    上限20万円
実際の利用は、重度障害者住宅改造助成金を申請し利用できました。
介護保険の住宅改修工事は既に他の工事で20万上限まで利用していたので今回は利用できません。

では工事の内容を見ていきましょう。

浴室改修

浴室改修

浴室改修
現在の浴室はタイル仕様の在来工法です。洗面脱衣所との段差もあり、車椅子では洗い場まで入ることができません。また、空間も0.75坪で介助での入浴は狭さは否めません。
併せて洗面脱衣所の様子です。
洗面所改修

洗面所改修
洗面化粧台の前が浴室入口になっており、車椅子では浴室入口側へ回転できません。
同様に洗面化粧台へ車椅子に乗りながら体を正面にすることも、洗濯機作動の動作も不可能です。
浴室、洗面脱衣所ともに1坪に広くし、トイレスペースを他に移設します。
浴室、洗面脱衣所はこのように変わりました。
浴室改修

浴室改修
ユニットバスは、TOTOのサザナFタイプです。
バスリフトの利用も可能ですし、ベンチ式になっているので夏場は自立でベンチに移乗しシャワー欲が可能になりました。但し、ベンチからのバスリフトへの移乗はやはり新たな移乗台が必要となり、ケアマネージャー様を通じ移乗台の作製を依頼いたしました。天井には浴室暖房乾燥換気扇を入れ、冬場のヒートショックを防ぐ配慮も致しました。
洗面脱衣所

洗面脱衣所改修
洗面脱衣所へも浴室洗い場へも車椅子で移動でき、化粧台も正面から利用できます。洗面化粧台はTOTOの座・ドレーーサーを使用し、洗面ボールの高さを上下移動できるように致しました。

トイレ改修
トイレ改修

トイレ改修
廊下からは10センチほど下がっており、車椅子では入ることが出来ません。
現在のトイレ空間は改修後洗面脱衣所のスペースに改修されました。(上記洗面脱衣所写真)
トイレ改修
浴室に隣接された収納スペースと隣の和室一部を利用して新たなトイレ空間を造りだします。
トイレ改修

トイレ改修

トイレ改修
新たなトイレ空間は車椅子でも十分入れる空間にします。畳1枚分より短辺方向に45センチ広げます。
トイレ改修

トイレ改修

トイレ改修
扉は全て引き戸仕様。事前に利用されている車椅子の横幅を計測し、車椅子での出入りが可能となるように計画いたしました。壁にはリモデル用の厚みの薄い腰パネルを提案し、車椅子での通行の際クロス壁を引っ掛けたり破ったりする心配の無いようにいたしました。

完成後、本人に全て実演して頂き改修前と大きく日常が変わった改修工事に満足して頂きました。
茅ヶ崎市障害福祉課の担当者のよる完了の検査も無事に合格し助成金申請における手続きも滞りなく完了いたしました。