Posts tagged "外装・塗装・防水"

外装塗装と玄関ドアリフォーム

平塚市 外装(外壁・屋根)塗装と玄関ドアリフォーム

外装塗装と玄関ドアリフォーム 
建築して20年以上経ち2回目の外壁、屋根塗装リフォームを実施。
塗装以外に、雨樋の交換、玄関ドアの交換リフォームも行います。

玄関ドアリフォーム 
現在の玄関ドアを一新します。

玄関ドアリフォーム 

玄関ドアリフォーム 
施工は1日、カバー工法です。

玄関ドアリフォーム 
玄関ドアリフォーム、家のイメージが大きく変わります。

屋根塗装 
屋根塗装 塗料はシリコン。

屋根塗装 
雨樋もすべて交換致しました。

屋根塗装 
平塚市では滅多に雪が降ることはありませんが、最近気象変動もあり、雪止めを取付けました。

外壁塗装 
多くの現場で掛けられる勝建ホームの現場シート。

外壁塗装 
完成です。

外装塗装と玄関ドアリフォーム 

玄関ドアリフォーム 

外装塗装 

ご用命ありがとうございました。

雨漏り ベランダ編

茅ヶ崎市 雨漏り ベランダ編

見た目ではそんな大事になっているかわからない。
ちょっとしたシグナルがある。
戸建て住宅の維持メンテナンスは知識と経験豊富なプロに相談することが大切です。

雨漏り ベランダ編 
ベランダ下の軒天。
少し黒い染みが目立っています。
経年劣化と判断してしまうかもしれませんね。
それが・・・

雨漏り ベランダ編 
左右反対側もシミと一部剥がれが目立ちます。
これを見れば、懸念劣化と言うより、何か異常があるのかもしれない。
と、思いますね。
私たちはこの状態を見てとても嫌な予感がしました。
これは、過去多数の事例を経験した中で生まれた思いでした。

雨漏り ベランダ編 
軒天を剥がし、破壊調査。
雨漏り ベランダ編 
やっぱり。
雨漏り ベランダ編 
これは、かなりの被害があると判断できます。
ベランダの仕上げや既存状況を調査。
雨漏り ベランダ編 
ベランダを確認するといくつかの不備が見つかる。
雨漏り ベランダ編 
3年前にベランダ防水のトップコートをされたとのこと。
このトップコートにも問題が。
雨漏り ベランダ編 
ベランダに出るサッシ下端。
雨漏り ベランダ編 
ベランダ床とサッシ下端の間に立上り部がありません。
雨漏り ベランダ編 
一般の皆様には何を言ってるのか良くわからないかと思いますが、最後に原因となった点を解説いたします。
これは間違いなく大事になっていると思いました。
調査結果の報告書と改修方法、見積の打ち合わせを済ませ改修工事を実施します。

笠木バラシ
雨漏り ベランダ編 
ベランダ笠木をバラシてみると案の定です。
雨漏り ベランダ編 
立ち上がり壁の格子部分の笠木をバラシ。
雨漏り ベランダ編 
ベランダ立上り壁(サイディング)をバラシ、下地もめくってみるとこの通り。
構造材は腐食して朽ちています。
雨漏り ベランダ編
改修方法は、既存造作ベランダを解体し腐食した構造材の入替、アルミ笠木への交換、ベランダ面に接しているサッシ2箇所入替により床面からの立上りを確保。防水工事やり直しです。

雨漏り ベランダ編
一次防水(新築時の防水工事)と二次防水(3年前のトップコート塗り)の間には大量の水が溜まっていました。

雨漏り ベランダ編 
一次防水はシート防水に保護モルタル仕様であったため、保護モルタルを斫り解体撤去します。

雨漏り ベランダ編 
全てを解体撤去した後、腐食した構造材を入れ替えます。

雨漏り ベランダ編 
床防水工事。
サッシ下端立ち上がりの確保、ベランダ壁立ち上がりの確保と防水。

雨漏り ベランダ壁 
ベランダ壁、下地防水紙をしっかり巻き込みます。

雨漏り ベランダ壁 
ベランダ壁の格子くり抜き仕様は止め、全てを壁にさせて頂きました。
笠木からの雨水侵入リスクを抑えるためです。

雨漏り ベランダ壁 
重症であった雨漏りの原因を解決し新たなベランダになりました。

雨漏り ベランダ編 
サイディング下端水切り板金、防水立ち上がりの確保済

雨漏り ベランダ編 
サッシ下端、立上りの確保済

雨漏り ベランダ編 
施工前の写真と見比べれば良く理解できると思います。

雨漏り ベランダ編 
掃出しサッシ2箇所は入れ替えました。

雨漏り ベランダ編 

雨漏り ベランダ編
ベランダ内部完成です。

雨漏り ベランダ編
ベランダ下軒天も入れ替え。

雨漏り ベランダ編 
全て完成いたしました。

見た目では分からなかった、甚大な被害。
この原因は何だったのでしょうか?

原因1、ベランダ笠木板金より雨水侵入(笠木の取付方法及びコーキングのみによる)
原因2,新築時のベランダ立上り壁(サイディング)の施工方法の誤り
(一次防水壁部分、サイディング固定釘より侵入)
原因3,掃出しサッシとベランダ床の立上りの確保が出来ていない
原因4,既存のままトップコートを塗り雨水が全て構造躯体の中へ入ってしまう施工にしてしまった

掃出しサッシ排水溝部分は二次防水(トップコート)が出来なかった為、雨水が一次防水内に侵入し、一次防水と二次防水の間に水が大量に溜まってしまった。

溜まった水が、二次防水のオーバーフローパイプが一次防水を貫通している為、軒天内に被害を増大させてしまった。

そして、新築時ベランダの水勾配をモルタルのみで取っていました。本来は木下地で水勾配を取ってから防止工事を行います。防水保護モルタルにしみ込んだ雨水はいつまでも乾かずモルタルの劣化、侵入した雨水により木材劣化腐食を進めました。

このまま放置していたら、ベランダは倒壊する危険もあったと思われます。
貴方の住まいは大丈夫ですか?
心配やお困りごとがあれば、お気軽に勝建ホームへお問い合わせください。

ご用命ありがとうございました。

屋根、外壁塗装

綾瀬市 屋根塗装(遮熱塗装)、外壁塗装工事

屋根、外壁塗装 
狭小敷地
前面道路は警察署に使用許可を取り、道路誘導員2名の配置をして足場架けを行いました。
当然完成後の足場払いも道路誘導員を配置いたします。

屋根、外壁塗装 
塗装前の外壁色。
少しホワイトに近いアイボリー色です。
屋根はブラックでスレート鋼板。
夏の暑さを緩和させるために、遮熱塗料を選択いたしました。

屋根、外壁塗装 
遮熱塗料はエスケー化研の「クールタイト」

屋根、外壁塗装 

屋根、外壁塗装 

屋根、外壁塗装
昨今の夏。
暑さが厳しいです。
クールタイトの効果を期待したい。

屋根、外壁塗装 

屋根、外壁塗装 
イエローが入った優しいアイボリー色に仕上げました。

ご用命ありがとうございました。

屋根葺き替え工事

二宮町 屋根葺き替え工事
瓦からスレート鋼板屋根に変更

屋根葺き替え工事 
何も異常を感じられない瓦屋根の写真。
住宅は築30年の後半ですが、瓦に大きな損傷や劣化は見受けられません。
さて、何故屋根葺き替えリフォームの選択に至ったのでしょうか。

お客様から、2階居室の天井に雨染みが出てきてしまったので調査してほしいと依頼されました。伺って気になる箇所を調査。

屋根葺き替え工事 
屋根裏に入り、屋根下地状況を確認すると、ルーフィング(屋根を葺く前に貼る防水紙)の数カ所に穴が空き始めていました。
木下地も濡れています。
雨水の侵入は明らかです。
これを解決するためには、2つ方法があります。
1,既設の瓦を全て降ろし、屋根下地をやり替えてまた瓦を戻す方法
2,屋根を葺き替え、下地から全てやり直す方法。
結果的にお客様は屋根の葺き替えを選択したのです。

屋根葺き替え工事 

屋根葺き替え工事 
瓦を降ろす前では、全く異常があるとは思えませんね。
これが屋根の怖さなのかもしれません。

屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事 
足場を架け、養生ネットを張り、既設の瓦を降ろしていきます。

屋根葺き替え工事 
ルーフィングの劣化、瓦棒の劣化が良くわかります。

屋根葺き替え工事 
ルーフィングに大きな穴があいています。

屋根葺き替え工事 
この劣化は数カ所に発見されました。
数年前、外壁塗装リフォーム時に雨染みの相談をされたそうです。
その際に、対応した工事が瓦屋根のコーキング処理だそうです。
屋根材隙間へのコーキング処理は、やり方を間違えると毛細管現象を引き起こすことになります。そのことの理解がとても重要になります。

屋根葺き替え工事 

屋根葺き替え工事 

屋根葺き替え工事 

屋根葺き替え工事
下地合板を張り、ルーフィング施工。
そして、スレート鋼板屋根を葺きます。

屋根葺き替え工事 

屋根葺き替え工事 

屋根葺き替え工事 

屋根葺き替え工事 

屋根葺き替え工事 
完成です。
屋根葺き替え工事では、天候とにらめっこしながらより短時間に、正確に丁寧に仕上げる事を要求されます。
施工完了後、強風をともなう大雨の天候を受け問題が無かったことを確認いただき、お客様もほっとしたお気持ちであったと思います。
これでしばらく安心です。

ご用命ありがとうございました。

 

屋根葺き替え工事

二宮町 屋根葺き替え工事
瓦からスレート鋼板屋根に変更

屋根葺き替え工事 
何も異常を感じられない瓦屋根の写真。
住宅は築30年の後半ですが、瓦に大きな損傷や劣化は見受けられません。
さて、何故屋根葺き替えリフォームの選択に至ったのでしょうか。

お客様から、2階居室の天井に雨染みが出てきてしまったので調査してほしいと依頼されました。伺って気になる箇所を調査。

屋根葺き替え工事 
屋根裏に入り、屋根下地状況を確認すると、ルーフィング(屋根を葺く前に貼る防水紙)の数カ所に穴が空き始めていました。
木下地も濡れています。
雨水の侵入は明らかです。
これを解決するためには、2つ方法があります。
1,既設の瓦を全て降ろし、屋根下地をやり替えてまた瓦を戻す方法
2,屋根を葺き替え、下地から全てやり直す方法。
結果的にお客様は屋根の葺き替えを選択したのです。

屋根葺き替え工事 

屋根葺き替え工事 
瓦を降ろす前では、全く異常があるとは思えませんね。
これが屋根の怖さなのかもしれません。

屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事 
足場を架け、養生ネットを張り、既設の瓦を降ろしていきます。

屋根葺き替え工事 
ルーフィングの劣化、瓦棒の劣化が良くわかります。

屋根葺き替え工事 
ルーフィングに大きな穴があいています。

屋根葺き替え工事 
この劣化は数カ所に発見されました。
数年前、外壁塗装リフォーム時に雨染みの相談をされたそうです。
その際に、対応した工事が瓦屋根のコーキング処理だそうです。
屋根材隙間へのコーキング処理は、やり方を間違えると毛細管現象を引き起こすことになります。そのことの理解がとても重要になります。

屋根葺き替え工事 

屋根葺き替え工事 

屋根葺き替え工事 

屋根葺き替え工事
下地合板を張り、ルーフィング施工。
そして、スレート鋼板屋根を葺きます。

屋根葺き替え工事 

屋根葺き替え工事 

屋根葺き替え工事 

屋根葺き替え工事 

屋根葺き替え工事 
完成です。
屋根葺き替え工事では、天候とにらめっこしながらより短時間に、正確に丁寧に仕上げる事を要求されます。
施工完了後、強風をともなう大雨の天候を受け問題が無かったことを確認いただき、お客様もほっとしたお気持ちであったと思います。
これでしばらく安心です。

ご用命ありがとうございました。

 

Recent Posts

Twitter

  • 外装塗装と玄関ドアリフォーム https://t.co/5XWvT9rJlK
    about 2日 ago
  • New post: 外装塗装と玄関ドアリフォーム https://t.co/5XWvT9rJlK
    about 2日 ago
  • 玄関アプローチ階段手摺 https://t.co/F4LGohXMWl
    about 4週間 ago
  • 玄関アプローチ 通路面材の変更 https://t.co/LoYNIBKFP5
    about 4週間 ago
  • New post: 玄関アプローチ 通路面材の変更 https://t.co/LoYNIBKFP5
    about 4週間 ago

活動地域

平塚市、大磯町、二宮町、小田原市、伊勢原市、秦野市、南足柄市、大井町、中井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、湯河原町、真鶴町、  厚木市、相模原市、海老名市、座間市、綾瀬市、大和市、愛川町、津久井町、茅ヶ崎市、寒川町、藤沢市、鎌倉市、逗子市、横浜市  ※(川崎市、横須賀市、三浦市、葉山町)  静岡県東部(三島市、沼津市、御殿場市、裾野市、富士市、富士宮市、伊豆市、駿東郡、庵原郡)  山梨県 富士河口湖町、甲府市、山梨市、甲斐市、中央市、笛吹市、都留市、富士吉田市、山中湖村、忍野村、鳴沢村  ※上記エリア内においては、提携会社がある為、設計・施工管理が可能となっております。

QRcode

QRcode

RSS リフォーム・リホーム・勝建ホーム

RSS 家を建てよう

RSS 介護りふぉ

関連サイト


フラット 35 住宅ローン LIXIL ホームファイナンス

NPO法人 たくみ21
NPO法人 たくみ21


管理

TAG